上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.15 懐かしい場所
映画を観て外に出ると、
あら、とってもいいお天気。

太陽の日差しがまぶしい

ずっと雨か曇りだったので、サングラスを持ってくるのを忘れた。

風は冷たいけど、太陽の光が気持ちよくて、少し散歩することに。

↓ヨーテボリ大学の文学部のキャンパス。
ヨーテボリ1


↓すぐそばに、「蓮池」と呼ばれる池がある。
ヨーテボリ2


私が初めてスウェーデンに来た時、この近くの学生・研究者用のアパートに住んでいて、
夏休みに入ると毎日この池まで散歩に来た。

あの夏は、スウェーデンとして最高に素晴らしい夏で、
晴天が続き、気温も30度近くまで上がる日が多かった。

私はビスケットを持って、時には途中でアイスクリームを買ったりして、
この池まで来ると、畔の芝生の上で日光浴。

ウォークマン(←しかもカセット!)を聞きながら、
両親や友達に手紙(!)を書いた。

そう、手紙
紙に書いて、封筒に入れ、切手を貼って出すアレね。
覚えていますか~??

Eメールなんて、ましてやブログなんてなかったあの時代。
日本を離れる時の約束を守って、本当に1週間に1通ぐらいの割合で手紙を出してくれた親友。
感謝しています♪

時々芝生の上に鴨が上がってくると、持ってきたビスケットをあげた。
いろいろ試したけど、どんなに頑張っても手からは食べてくれなかったな~。
警戒して、1メートル以内には近づかないみたい。

日本にいた時は、体調を壊すほど忙しかったOL時代。
こんなにゆっくりと流れる時間があるなんて、忘れていた。
いつも何かに追い立てられるように感じていたあの頃。

好きな音楽を聴きながら、手紙を書いたり、鴨を眺めたり。
そんな静かな時間がとっても幸せだと感じた。

懐かしい~

↓そんなことを思い出させるように、鴨さんはお昼寝中でした。
 まるで、木の置物のような鴨。
ヨーテボリ3


あの夏がなかったら、スウェーデンには住み着いていなかったかも…。

1年の滞在期間を終え、日本で新たにビザを取り直して戻ってきた翌年の夏。
忘れもしません。
あの夏は、そう、今年の夏のようだった…。
毎日、雨、雨、雨
そして、寒かった…。

その時初めて知ったのです。
これが、本当のスウェーデンの夏だということを~~~


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/94-923868e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。