上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と~っても久しぶりに「IKEA」に行ってきました。

最近オープンしたばかりのヨーテボリ2号店。
青と黄のスウェーデンカラーが鮮やかです。
IKEA1


IKEAの店の特徴は、キッチン、リビング、寝室、子供部屋など、各部屋ごとにいくつかのモデルルームを作って見せているところ。
見て回るだけで楽しく、アイデアもたくさん得ることができます。
しかも、展示されている物は、小物に至るまでほとんどIKEAで買うことができるのです。

また、ところどころに、平均的スウェーデン人の住まいを再現して見せているのも興味深い。
例えば、夫婦と赤ちゃん1人の世帯の57平米の住居とか、1人暮しの若者の24平米の住居とか…。
テレビやパソコン、オーディオ以外は全てIKEAの家具と小物で占められています。
これら見本の住居は、もちろん限られたスペースを最大限有効に活用しているので、現実の自分達の家ではなかなか真似はできませんが、それでもいくつかのヒントは得られることでしょう。

なので、何も買わなくても、見て回るだけでも結構楽しいもんです。

私達はあまり荷物になる物は買えないので、スウェーデンカラーの青と黄、そしてクリスマス用に赤の3種類の紙ナプキン(50枚入り19クローナ!)と、布が簡単にカーテンになる(?!)クリップ、義母に頼まれたラグ1枚を買っただけ。

IKEA2最後に食堂でスウェーデンミートボールを食べました。
中のセット(ミートボール15個と茹でじゃがいもにブラウンソース、リンゴンベリージャム添え、サラダと飲み物、コーヒー付)が49クローナ。
今のレートで日本円にすると800円ぐらいだけど、実際には500円ぐらいの感覚なので、かなり安いですね。
ただ、ミートボール15個はちょっと多かった…。
小(10個)でも良かったな~と後悔しましたが、悔しいので12個まで食べました…。

いつも長~い列ができるレジですが、画期的なシステムが取り入れられていました。
購入商品の数が15個以内でカードでの支払いのみという制限付きですが、全てセルフサービスのレジ。
つまり、自分でバーコードを読み込ませ、商品を袋に詰めて、カードで支払いを済ませるというもの。
結構簡単で、早く済み便利。
読み取り機械4台に1人の割合で、店員が付いていました。
レジの人件費が4分の1で済む計算ですね。
合理化、合理化。

IKEA3レジを出たところに、カフェテリアと食品を売っているコーナーがあります。
そこで、スウェーデンの民芸品のダーラナ馬を模ったゼリー菓子を買いました。
チョコレートもあったけど、重いので今回は断念。

不思議だったのは、久々のIKEAが意外に小さく感じたこと。
私が大きくなったのか???と思ったら、私の思い出にあるIKEAが大き過ぎたようです。
最後に行ったのは多分8~9年前だと思うのですが、その時に行ったストックホルム郊外の店がなんと世界最大店舗だったというのを後で知りました。
道理で大きいはずだ…。

私は結局日本のIKEAには行けずじまいだったのですが、どのくらいの大きさなのでしょう??
IKEA日本のHPを見たら、スウェーデンのと全く同じ作りなのですね~。
当たり前なのかもしれないけど、ちょっと感動しました。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/91-959ca847
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。