上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユングフラウヨッホの駅に着いたら、
まずは、エレベーターでスフィンクス・テラスに上がります。

全面ガラス張りの展望台ですが、外に出ることもできます。

東側には、手の届きそうなところにメンヒが。

ユングフラウヨッホ01


メンヒの向こうには、下に小さくクライネ・シャイデックの駅が見えます。
その向こうには、歩いてぐるっと回ってきたチュッケンと、
更にその向こうにメンリッヒェンの頂上も見えます。

ユングフラウヨッホ02


さっきまでいた場所を、こんなに高いところから眺めているのが不思議。


西側には、ユングフラウと、その向こうに続くアルプスの山々。

ユングフラウヨッホ03

ユングフラウヨッホ04


南側には壮大なアレッチ氷河が広がっています。

ユングフラウヨッホ05


お天気も最高に良くて、輝くばかりの白い雪と、
延々と遠くに続くアルプスの山々は、
いくら眺めていても飽きない風景でした


下の雪原では、ソリで滑るコースが作られていました。

ユングフラウヨッホ06


エレベーターで下に降りて、その雪原に出てみた。
雪の反射で眩しくて、写真がかなり飛んでいますが・・・

ユングフラウヨッホ07


ソリ遊びはすごく楽しそうで、もっと時間があったら私も遊びたかった~


でも、時間がないので、とっとと次の氷の宮殿へ。

ユングフラウヨッホ08


氷河の中だから、上も下もすべて氷。
滑って、歩くのが結構怖いです・・・


中は氷像のギャラリーになっています。

ユングフラウヨッホ09

ユングフラウヨッホ10

ユングフラウヨッホ11


記念写真が撮れる、こんな場所も

ユングフラウヨッホ12



もう1か所、外に出られるところがあります。

こうやって見ると、よくもこんな場所に駅や展望台を作ったものだと感心します

ユングフラウヨッホ13



誰も踏み入れない雪が美しい
ちらっと見えているのは、スフィンクス・テラスの上にある天文台のドーム。

ユングフラウヨッホ14


ユングフラウがすぐそばに見えています。

ユングフラウヨッホ15



実は私は、20数年前の卒業旅行でユングフラウヨッホに来ています。
ところが、全く何も覚えていない。
今回来てみても、何も思い出さない・・・

微かに覚えているのは、氷河の中に入ったということだけ。
でも、そこに、今回見たような氷像があったかどうかも覚えていない。

前に来たのは3月の初めで、季節が違うから景色も違って見えたかもしれない。
20数年も前だから、今とは様子が違ったかもしれない。
チューリッヒに泊まっていて、ユングフラウヨッホもルツェルンも
1日で回ったのだから、滞在時間は最低限だったのだと思う。

それにしても、こんなにも何も覚えていないなんて・・・
ちょっとショックです。

ツアーで周って、人に連れられて来ると、
やっぱり記憶には残り難いものなんでしょうね~。
勿体ないな。


自分で計画して自分で周った今回の旅は、
長~く記憶に残っているといいな




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/807-71fee809
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。