上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルに戻って朝食を食べ、しばらくのんびりしてからチェックアウト。
ホテルの電気自動車で駅まで送ってもらいました。

駅のロッカーに荷物を預けて、
今度は、スイスでお薦め一番と言われるゴルナーグラートの展望台へ。


電車の駅の斜め前にある駅から、登山電車で登ります。

列車の窓から、右手に何度もマッターホルンが見えます。

ゴルナーグラート01


30分ちょっとで、ゴルナーグラート駅に到着。
上方に天文台のある山岳ホテルが見えます。

ゴルナーグラート02


ホテルの屋外カフェでは、民族音楽演奏中。
このあと、アルペンホルンの演奏もありました。

ゴルナーグラート03



ホテルを通り越して、ゴルナーグラートの山頂へ。
素晴らしい眺めです

ゴルナーグラート04

ゴルナーグラート05

ゴルナーグラート06
↑左側がモンテ・ローザ(4,634m)、右がリスカム(4,527m)。
その間に横たわるのがグレンツ氷河。

ゴルナーグラート07
↑真ん中で雪をたっぷり頂いているのがブライトホルン(4,165m)。
その右手に小さく尖っているのが、朝上がったクライン・マッターホルン(3.883m)。


もちろんマッターホルンも見えます。
ゴルナーグラートの山頂とマッターホルン。

ゴルナーグラート08

ゴルナーグラート09



ホテルの方に戻って、カフェで一服していると、
セントバーナードを連れたおじさんが。

ゴルナーグラート10

マッターホルンをバックに、セントバーナードと一緒に写真を撮ってくれます。
もちろん有料



どこに行っても、教会か十字架がありますね。
命を落としたたくさんのアルピニストやクライマーのためでしょうか。

ゴルナーグラート11

ゴルナーグラート12


ここにもたくさんのハイキングコースがあって、
例えば、登山電車の次の駅まで歩くということもできるのですが、
結構疲れてきたので、山頂駅から乗って、まっすぐツェルマットまで戻りました。

山頂の周辺を少し歩いた程度で、大した運動量ではないのに、
標高が高いので、やっぱり疲れ易いのでしょうか。

ま、朝も早かったですしね

ゴルナーグラート13




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/799-a9c22bc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。