上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスにもいくつかありますが、南ヨーロッパの本当に広い範囲で、
ローマ遺跡が残っているのにいつもびっくりします。

ジュネーブから出かけて行った先々で、
一体いくつの古代劇場や円形競技場跡を見たことでしょう

そして、やはりリヨンにもありました。
古代劇場の遺跡。

リヨン17


古代劇場の壁(左)と用途の分かっていない別の建物の壁(右)の間のこの道は、
今から2000年以上前に古代の人々が歩いていた道です。
なんだかロマンがありますね~

リヨン18


リヨンには、大小2つの古代劇場跡が残っています。

こちら、大きい方。

リヨン19


舞台後ろには、高さ30mの壁があったそうですが、
それは、土台の極一部しか残っていません。

が、客席部分はかなりきれいに残っています。

リヨン20


こちは、小さい方。
こちらも同様に舞台後ろの壁は残っていません。

リヨン21

リヨン22


円形競技場もあったらしいのですが、今は残っていないみたいです。


ここからケーブルカーで下まで降りて、
ヴュー・リヨン(旧市街)に行きます。
ヴュー・リヨンは、街全体がユネスコの世界遺産に登録されています。


サン・ジャン大聖堂。
外観は工事中でした。

リヨン23


大きな聖書(?)。

リヨン24


天文時計もありましたが、動いていないようでした

リヨン25


正面のステンドグラス。

リヨン26



外に出て、旧市街の狭い通りをブラブラ散歩。

リヨン27


レストランやカフェがたくさんテラス席を出しています。

リヨン28


雰囲気がちょっとストックホルムのガムラスタン(旧市街)と似ています。


ミニチュア・シネマ博物館というのがあって、と~っても興味をそそられたのですが、
見て回るのに1時間かかるというので、この日は時間切れで諦めました。
あ~、残念


途中、BIOのジェラートというのが目に付きました
気になって近づいてみると、何やら珍しいフレーバーがたくさん。

珍しいものは試してみたくて仕方がない私。
ジャスミンとパンデピスに挑戦~
(パンデピスは下に隠れて見えませんが・・・)

リヨン29



ところが・・・



ジャスミンは、さっぱりジャスミン茶味を想像していたのですが、
なんだか妙に甘い~~~
微かにジャスミンの香りはするけれど、なんだか不思議な味。
甘いジャスミン茶を想像してみてください。
あんまりおしいくないですよね~

そして、パンデピスは、確かにパンデピスの味がするのですが、
こちらも妙~~~に甘い
実際のパンデピスでも、物によってスパイスの配合が違うので、
好みのものとそうでないものに分かれてしまうのですが、
これは、私の好みじゃないスパイスの味・・・

はっきり言って、2つとも美味しくなかったです

しかも、この不思議ちゃんフレーバーは、BIOではなかったというオチ付き


どうも今回のリヨン行きは、食べ物には恵まれない運命だったようです



ブション(Bouchon)と呼ばれる、ワインとリヨンの郷土料理を食べさせるお手軽な店。

リヨン30


こういうところで食べた方が、安くて満足のいくものが食べられたのかもしれません。

リヨンまで行って食べるなら、こういうブションか、
思い切って星付きのレストランにした方がいいでしょうね。


街並みもきれいだし、もう一度行ってリベンジしたいけど、
もう時間切れかな~

リヨン31



そうそう、前回ご紹介したマカリヨンのおいしいセバスチャン・ブイエですが、
ヴュー・リヨンにもお店がありました~
ちゃんと調べて行かなかった私が悪いんですが、
クロア・ルースまでわざわざ行かなくてもよかったんです・・・
しかも、ヴュー・リヨンのお店の方が営業時間も長いです。





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/790-2020544e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。