上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしいといろんな人から聞いていて、
一度試してみたいと恋い焦がれて3年近く・・・。

なかなかチューリッヒに行く機会がなく、
買うことができないでいたシュプリュングリのルクセンブルグリ

ところが最近になって、シュプリュングリのお店が実はバーゼルにもあるという情報をゲット
バーゼルの中央駅構内にあるらしい。
しかも、英語も通じるらしい(バーゼルはドイツ語圏です)。

ああ、バーゼルなら、今までにも何度か通ったのに・・・。
もっとちゃんと調べていれば良かったな


さて、先日、車でバーゼルを通ることがあり、夢が実現する日がやって来ました。

バーゼルの中央駅。

バーゼル駅


すっきりしてきれいですね。
やっぱり、ちょっとドイツっぽい?
ジュネーブ駅とは全然違う雰囲気です。

そして、ありました。
憧れのシュプリュングリのお店~

シュプリュングリ01


中は、なかなか高級感溢れる雰囲気です。
ルクセンブルグリの他にも、もちろんチョコレートやケーキ、
サンドイッチなども売っています。

このときは、ちょっと小腹が空いていたので、
卵入りのクロワッサンを買って、車の中で食べました。
これもおいしかった~

シュプリュングリ02


さて、念願のルクセンブルグリ。

シュプリュングリ03


とりあえず、各フレーバー1個ずつ買ってみました。

シュプリュングリ04


2段入っています。
売られていたフレーバーは、14~5種類だったので、
3~4個は同じフレーバーが入っていました。

少し前のことなので、いつものことながら値段を忘れてしまったのですが、
だいたい1個が1フラン相当ぐらいだな~と思った記憶があります。
最近フランが高いので、1個100円ぐらいでしょうか。


さて、気になるお味ですが、とってもおいしい
マカロンより軽くてサクッとしています。
甘さも控えめかな。

シャンパンとかリキュール入りのものもいくつかあって、大人の味。

一口サイズの大きさも良いのかもしれないけど、
私は、ルクセンブルグリの方が好き


ちなみに、ルクセンブルグリっていう名前は、
1950年代終わりに、ルクセンブルグ出身のパティシエが作り始めたからだそうです


バーゼル駅構内の店は、夜9時まで(土日は8時まで)開いているので便利。
帰りに通ったときにも、買って帰りました。

そのときは、アイスクリームも買ってみました。
苺のアイス。

シュプリュングリ05

これ、おいしーーーっ
苺の味が濃厚だけど、自然な甘さで、本当においしい。
他のフレーバーも試してみたいです。


そして、生チョコも買ってみた。

シュプリュングリ06 シュプリュングリ07


もちろんおいしいけど、おいしいチョコレートはジュネーブにもいっぱいあるから、
わざわざシュプリュングリで買わなくもいいかな~


シュプリュングリは、やっぱりルクセンブルグリ

シュプリュングリ08 シュプリュングリ09





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/785-fa856414
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。