上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュネーブに来て3年。
これまで誰も遊びに来てくれなかったのに、
来るとなったら何故か次々とお友達が来てくれることに

7月上旬に来てくれた青年F君が日本へ帰った直後に、
スウェーデン在住のお友達がご両親とのヨーロッパ旅行でジュネーブに立ち寄ってくれて、
ちょこっとお茶しただけなのですが、数年ぶりにおしゃべりができました。

そして更に7月末に、同級生Mちゃんが、お母さんと息子さんと3人でスイスへ。
夏の間だけジュネーブに来ている甥っ子さんを訪ねての旅だったけど、
1日ご一緒することができました。

前日に、国連や大聖堂など、ジュネーブ市内の見どころは観光済みだし、
ジュネーブに来る前にはツェルマットでスイスの山も堪能済み。

ということで、ちょっと目先を変えて、フランスまで足を伸ばすことに。

行き先は、私も2年ぶりのアヌシー。
ジュネーブから車で45分ぐらいのところにある小さな町で、
「サヴォアのヴェニス」と呼ばれる美しい町です。

アヌシー2011-01


町で一番美しいと言われる「Pont des Amours(恋人たちの橋)」。

アヌシー2011-02


何故そう呼ばれているのかは分からないのですが、
フランスってとにかく「Amour」と名の付くものが多いですね~
さすが、アムールの国。

橋から眺めるアヌシー湖。

アヌシー2011-03


運河側を見るとこんな感じ。

アヌシー2011-04


川を中心とした旧市街に向かいます。

アヌシー2011-05


真ん中は小さい島になっていて、そこに建つのがパレ・ド・リル(Palais de L'Ile)。
これは、12世紀に建てられたアヌシー領主の館で、後には牢獄として使われたそうです。
まるで石でできた船みたい。

アヌシー2011-06


川沿いには、レストランやカフェのテーブルが所狭しと並んでいます。

アヌシー2011-07


しばらく行くと、マルシェが出ていました。
私たち2人だと、いつも出発が遅いため、
前回来たときは、マルシェはもう終わっていて残骸だけが残っていたのでした

チーズや十数種類のサラミ、珍しい野菜などが並んでいます。

アヌシー2011-08 アヌシー2011-09 アヌシー2011-10 アヌシー2011-11 アヌシー2011-12 アヌシー2011-13

サラミは、それぞれ味見することができて、
私たちはハーブサラミを買って帰りました。

↑の最後の写真の手前に写っているのは、生のヘーゼルナッツ。
日本でこの状態のヘーゼルナッツを見る機会はまずないですね。



そろそろお腹が空いてきたので、ランチにすることに。

一応調べて目星を付けておいたレストランへ向かいます。
行ってみると、前回来たときに気になっていたレストラン。
(その時は、時間が遅かったので、もう閉まっていたのでした

「Auberge du Lyonnais」という魚介類が豊富なレストランです。

まずは、アミューズ・ブッシュ。

アヌシー2011-14


私たちが選んだのは、週末のランチセットメニュー。
前菜は、フォアグラかトマト&モッツァレラから選べます。

アヌシー2011-15 アヌシー2011-18


トマト&モッツァレラは、想像していたのと全然違うものが出てきてびっくり。
グリルした海老が香ばしく、ガスパッチョのようなソースも美味で、おいしかった


メインは、「Bar」という魚を焼いたもの。
「Bar」は、辞書で調べると「ニシスズキ」となっていますが、
私たちが食べた感想は、「サワラ」。

アヌシー2011-16 アヌシー2011-17

デザートは、左端が私の苦手なライスプディングだった・・・
お米の食感がどうしてもダメ
バニラクリームはおいしいのになあ。

周りの皆が、「これはご飯じゃない、これはご飯じゃない」と暗示に掛けてくれて、
なんとか完食。
ベリー類とラズベリーのスープはとってもおいしかったです



ランチのあとは、腹ごなしにしばらく散策。

アヌシー2011-19

アヌシー2011-20


少し高台にあるお城。
中は博物館になっていますが、入りませんでした。

アヌシー2011-21


旧市街を見下ろす。

アヌシー2011-22


そして、更にもっと高台へ向う途中の横断歩道。
いろんな動物が描かれているけど、大きさのバランスがマチマチなのがおもしろい。

アヌシー2011-23


高台に建っているのは立派なバジリカ。
裏には修道院もあります。

アヌシー2011-24


天井の十字の透かしが美しい

アヌシー2011-25

アヌシー2011-26

アヌシー2011-27


ステンドグラスの文字が随分モダンだなあと思っていたら、
なんと、このバジリカは1949年に建てられたものだそう。
ちょっとびっくりしました

かなり高台に来たので、どんな美しい景色が見られるかと思ったら、
意外にも、あまり大した景色じゃありませんでした。
残念



また旧市街の方に降りて、来たときから目を付けていたジェラート屋さんへ。
他に、長い行列のできていたジェラート屋さんもあったのですが、
暑い中並ぶ気にはなれず・・・

58種類のフレーバーがあるジェラート屋さん。
決めるのも一苦労です。

5人それぞれ別々のものを注文。
私のは、マロングラッセと森のベリー。

アヌシー2011-28

マロングラッセは、あまりマロンの味がしなかったけれど、甘過ぎず食べ易い味。
森のベリーはさっぱりしたソルベで、リフレッシュできました。



最後に湖沿いを散策。
湖のそばの大きな公園では、散歩や日光浴、ピクニックを楽しむ人で賑わっていました。
ダンスバンドが演奏をしていて、おじいさんおばあさん達がダンスを楽しんでいたのも印象的。

アヌシー2011-29


さすがにこの時期、しかも日曜日ということもあって、
観光客や地元民、近隣の町から来る人たちでかなりの人混みでしたが、
それでも、本来の町の魅力を失っていないように思えるアヌシー。
何度行っても、気持の良い町です。

特に、日曜日はお店も閉まっていて退屈なジュネーブを抜け出して、
1日のんびりと過ごすにはぴったりの町です




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/784-eabc121e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。