上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろあって、しばらくお休みしてしまいましたが、
なんとか元気にやっていますので、ご安心ください。


さて、青年F君のジュネーブ訪問記、再開します。

国連欧州本部のガイドツアーに参加した後、
レマン湖畔まで出て、そのまま湖畔を散策。

お天気が良いのはいいが、良過ぎて暑い
暑過ぎる・・・

青年F君は元気に歩いているけど、おばさんは日陰を求めてふらふら~

Jet d'Eau(大噴水)の写真を撮るF君を、日陰から眺める。

レマン湖畔01


足をレマン湖の水に浸けながら対岸の写真を撮るF君を、またまた日蔭から眺める。

レマン湖畔02


その後、モンブラン橋を渡って、先日パレードの人並みで見られなかった花時計へ。

レマン湖畔03


花時計の前は、観光客で溢れかえっていたのと、
F君本人が、あまり関心がないようだったので、
人の少ない斜め方向から写真を撮っただけで、次へ移動。

花時計は、季節ごとに花が植え替えられるのですが、
いつも夏の花時計はイマイチな気がします・・・


次に向かったのは、サン・ピエール大聖堂。

サン・ピエール大聖堂01


この大聖堂、大き過ぎて全体像が撮れません。
正面から撮ると、ふたつの塔が映らないし・・・。

サン・ピエール大聖堂02


狭いらせん階段を上がって、塔の上に上がります。
軽快に上がっていくF君の後ろから、目が回りそうになりながら上がっていく私
最近、三半規管が弱くなってきている気がする・・・

塔の上からは、ジュネーブ市内が見渡せます。

サン・ピエール大聖堂03


いろんな隙間から、ジュネーブの象徴とも言えるJet d'Eau を眺めてみる

サン・ピエール大聖堂04

サン・ピエール大聖堂05


塔の上に上がると、下からは見えない塔の細部も見られるのがおもしろい。

サン・ピエール大聖堂06

サン・ピエール大聖堂07


再びらせん階段を下ります。

サン・ピエール大聖堂08


一応、中も見学。

この大聖堂は、12世紀から13世紀にかけて建てられたものですが、
宗教改革の後、装飾的なものは一切取り外されたそうで、中は意外なほど簡素。

サン・ピエール大聖堂09

          サン・ピエール大聖堂10

サン・ピエール大聖堂11


カルバンが座っていたという椅子があったのですが、
暗くて手ブレが酷く、残念ながら写真の掲載は断念




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/782-ce72f835
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。