上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編
1つ星レストランでディナー編



パリへ行ったメインの目的は、実はテニスの全仏オープンの観戦

試合をやっていない時に、ウィンブルドンの会場に行ったことはありますが、
グランドスラムの試合を観に行ったことは、私はありませんでした。

ジュネーブ在住のテニス仲間の人たちは、全仏やウィンブルドンはもちろん、
その他のATPツアーの観戦にも出かけている人が大勢います。

私も、行ってみたいな~とは思いつつも、
早くから計画を立てるということが苦手な性分で、
今まで一度も実現しませんでした。

ところが今年は、チケットを取っていたのに行けなくなった人がいて、
そのチケットを譲って頂けることになったのです。


メトロ10号線に乗ってPorte d'Auteuil駅へ。
そのあとは、ただ人の波に乗って行けば着きます。

ローランギャロス2011-01


ローランギャロスで売られているその日の新聞。
どのコートでどの選手が試合をするかのスケジュールが載っています。

ローランギャロス2011-02


私たちのチケットはアネックスのチケットで、
メインコート以外のアネックスコートの観戦ができます。

この日の第2コートの第2試合は、女子シングルス3回戦。
ヤンコヴィッチ対マテック=サンズ。
これが観たくて、並びました。

ローランギャロス2011-03


しかし、やはり人気者の試合がアネックスで観られるというので、
第2コートには既に長蛇の列。
なかなか前に進みません。
既に満席なので、誰かが出るまで入れないのです。

お天気は不安定で、太陽が顔を出すと日差しが強くて暑いのですが、
雲に覆われると風が吹いてとても寒い

諦めて他のコートの試合を観に行こうかと何度も迷ったのですが、諦めきれず・・・


そのうちヤンコビッチの試合が始まったような雰囲気があり(外からでは分からない)、
さらに列は進まなくなりました・・・

そして、私たちが2組目というところで、コートからは歓声と大きな拍手が~
どうやら試合が終わってしまったようです


ここで大勢の人が出たので、やっと第2コートに入れました。
ヤンコビッチの試合は見逃したけど、せっかくここまで来たので、
次の男子シングルス3回戦、第12シードのユーズニー対モンタネスの試合を観ることに。

ローランギャロス2011-04


メインコートとは違い、小さいので、観客席とコートが近い。
かなり近くで見ることができ、迫力があります。

ローランギャロス2011-05

ローランギャロス2011-06

ローランギャロス2011-07

ローランギャロス2011-08


ボールボーイも頑張っています

ローランギャロス2011-09


ユーズニーの方がランキングが上ですが、どうも調子が悪い。
第1セットを6-1で落としてしまいました。

途中、メディカル・タイムアウトも取り、
肩のマッサージをしてもらっていました。

しかし、第2セット、1-4から巻き返し。
タイブレークにもつれ込みますが、
結局、第2セットもモンタネスが取りました。

ローランギャロス2011-10


ユーズニーが調子を取り戻してきたので、試合がおもしろくなってきたのですが、
ここで、私はトイレの我慢が限界に~~~~

列に並ぶ前に行ったのですが、なんせ寒風吹き付ける中、2時間も並んでいたのです。
やっと自分たちの番になったときには、実はすでに少し催していました。
しかし、やっと周ってきた順番を逃すわけにはいきません。

そして、第2セットが終わった時点で、試合時間はほぼ2時間。
よくここまで我慢したものです。

でも、これ以上はもうムリ。
絶対ムリ

泣く泣く第2コートを後にしました

ちなみにトイレも長蛇の列で、
あまりにギリギリに行くのは危険です。


トイレから戻って来て、次はどのコートに行こうかとぶらぶら歩いていると、
先ほど試合をしていたモンタネスに遭遇。

セットの合間にトイレにでも行くのかと思っていたら、
実は、一旦盛り返したように見えたユーズニーは、
タイブレークで力尽き、第3セットを1-6で落として、
モンタネスにストレート負けしていたのでした。



メインコートでは、男子シングルスの試合が続いていましたが、
アネックスコートは後はダブルスの試合しかありません。

男子ダブルス1位のブライアン兄弟の試合がありましたが、
やはり入場には列ができていて、
これ以上列に並んで時間を潰すのが嫌で、
女子ダブルスの試合を観戦することに。

ダブルスの試合は、テレビでは滅多に放送しないので、
ランキング上位の選手の試合ではありませんでしたが、
コート間近で見られるて、なかなか勉強になりました。

全仏レベルでも、女子ダブルスは雁行陣が主流のようで、ちょっと意外でした。
戦略的には、私たちがやっているテニスと大差ありません。
もちろんレベルは雲泥の差だけど・・・
前衛の動きの良さに感動


しかし、それにしても寒い
体は完全に冷え切っていました。

午後7時を回っていたでしょうか。
私たちがいたコートの日程が終了したところで、帰ることに。

あまりに寒かったので、インスタントだと知りながらも、
スタンドでホットチョコレートを買って暖を取りました。


出口に向かうと、出口に一番近い3番コートに人が入っていくのが見えました。

「あれ、まだ試合をしているのかな~」

すぐに入れそうだったので、ちょこっと覗いて見ることに。

すると、マテック=サンズ&ショーネシー組(米)対ジョルジュ&ペトコビッチ組(独)の
ファイナルセットのタイブレークがちょうど始まるところでした。


マテック=サンズ(右)&ショーネシー組

ローランギャロス2011-11


ジョルジュ&ペトコビッチ(左)組

ローランギャロス2011-12


独特のスタイルで目立っているマテック=サンズ選手

ローランギャロス2011-13


今年の全仏シングルスベスト8のペトコビッチ選手

ローランギャロス2011-14


ダブルスでは、第6シードのマテック=サンズ&ショーネシー組の方がランキングが上ですが、
ファイナルセットのタイブレーク8-6で、ジョルジュ&ペトコビッチ組が勝ちました。

ローランギャロス2011-15


最後のタイブレークだけでしたが、緊迫した試合で、おもしろかったです。


体は冷え冷えでしたが、気持ちは高揚したまま、
ローランギャロスを後にしました




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/771-da9eb2ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。