上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2


パリに来たものの、今さら普通のパリ観光には興味がなく、
ショッピングという気分でもなかったので、
今まで行ったことのなかったベルシー・ヴィラージュ(Bercy Village)に行ってみました。

ベルシー・ヴィラージュ01

ベルシー・ヴィラージュ02


メトロ14号線のクール・サンテミリオン(Cour Saint-Emilion)駅から歩いてすぐ。

ちなみに、この14号線は、パリで最新のメトロ路線。
(と言っても、1998年開業らしいですね。10年以上行っていないという証拠・・・
ベルシー地区から街中までほとんど止まらないので、
例えば、ルーブルの辺りまででも約10分で着きます。
他の路線だと30分ぐらい掛かります。

しかも、新しいだけあって、自動運転、バリアフリー。
ローザンヌの地下鉄と似ているな~と思ったら、
なんと、ローザンヌの地下鉄はこの14号線と同じシステムを取り入れているのだそう



あ、話が逸れましたね・・・。



20世紀末に再開発が始まったというベルシー地区。
ここベルシー・ヴィラージュも昔はワインの倉庫街だったとこらしい。

フランス南部のワインを積んだ列車が発着した駅があったとかで、
今も線路が残っています。

ベルシー・ヴィラージュ03

ベルシー・ヴィラージュ04


正確には、いつ頃できたのか知りませんが、
ショップの他に、ワインバーやレストランなども並んでいて、
ちょっとおしゃれなニュースポットという雰囲気のところです。


ベルシー・ヴィラージュ05


ここで、気になってふらっと入ったこちらのお店。
「Oliviers & Co.」

ベルシー・ヴィラージュ06


オリーブオイルやバルサミコ酸、パスタやペースト、etc。
目移りがする~~

しかも、店員さんがとってもフレンドリーで、
いろいろ説明してくれて、味見もさせてくれます。

最初に味見させてもらったのが、トリュフ風味のオリーブオイル。

トリュフ風味のオリーブオイルは、家にも1つもっているのですが、
黒トリュフのものでした。
ここで、黒トリュフのものと白トリュフのものを両方味見させてもらったら、
その違いはあまりにも歴然。

白トリュフのオリーブオイルは、ほんの1~2滴で、
脳天を貫くほどの濃厚な香り。
いや~、衝撃でした


次に、オリーブオイルにイチジク風味のバルサミコ酸を垂らして味見。
とてもおいしいバルサミコ酸。

思わず日本語で「おいしい~~」と言うと、
店員さんが反応して、「おいしい~」とリピート

そして、にっこり笑って別の瓶を差し出し、
「さくらんぼ」と日本語で

日本人客、多いのかしら。

差し出されたのは、チェリー風味のバルサミコ酸。
それを、バジル風味のオリーブオイルに垂らして味見。


お~~~、なんだこの風味は~~~


初めての経験。
チェリーのほのかな甘さが引き立ちます。


その後も、次々といろんな組み合わせを紹介してくれました。

例えば、

ミント風味のオリーブオイルと蜂蜜&ジンジャー風味の白ワインヴィネガー。

唐辛子入りオリーブオイルとアップルヴィネガー。


なんというセンセーショナルな体験。

「味のおもちゃ箱や~~」と叫びたいぐらい、
驚きと、発見と、喜びと、幸せが、口の中に広がりました。
味覚の大革命です。

目をまん丸にして感動している私たちの反応を、
店員さんは嬉しそうに眺めていました。

もう、店内にある商品を全部買い占めたい衝動にかられましたが、
全部を使いこなせる自信はなく、もちろん持って帰るのも大変なので、
悩みに悩んだあげく、なんとか私でも使えそうな、これだけをお買い上げ~。

ベルシー・ヴィラージュ07


最初に衝撃を受けた白トリュフのオリーブオイル。
料理のアクセントに、またピザにも使えそうな唐辛子入りオリーブオイル。
私の好きなシェーヴル(山羊のチーズ)にも合うイチジク風味のバルサミコ酸。
そして、温めるだけでパスタソースになる、ウニとサフランのペースト。


一体どれぐらいの時間いたか分かりませんが、
かなり長い間、この店にいたと思います。
と~っても楽しくて幸せな時間でした

店員さんはとっても親切。
適切なアドバイスをしてくれるけど、
商品を見ている間は自由にもさせてくれる。
適度な距離感が素敵です。

私たちはフランス語で話していたけど、
他のお客さんには、英語でも丁寧に説明していました。

お料理好きの方なら、是非お勧めのスポットです


Oliviers & Co.
Chai n°20, Cour Saint Emilion
Bercy Village
Tel : 01 43 42 07 83



し、しかし、今HPを見ていたら、なんと、ジュネーブにもあることが発覚
旧市街にあるらしいです・・・。
今度行ってみよ。

あ、もちろん、日本にもあります




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/769-b783a354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。