上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュネーブの日本人コーラスグループ「お歌の会」の一員として、
今日、小さなチャリティーコンサートを行いました。

インターナショナルスクールに通う日本人生徒とそのご父兄が中心となって行われた
被災者支援のためのチャリティーイベントの一環。

会場となったインターナショナルスクールの小学校では、
日本のお菓子やお寿司の販売、書道や折り紙などのワークショップの他、
私たちの合唱、リコーダーの演奏、紙芝居などが行われました。


教室をつなぐ小さなホールでのコンサートで、
観客は、インターの小学校に通う小さなお子さん達とそのご父兄。

もちろん日本語を知らない子供たちもたくさんいましたが、
みんな騒ぐことなく静かに聴いて、1曲終わるごとに盛大な拍手をしてくれました。

曲の簡単な紹介や日本の被災者のために心を込めて歌うということを
英語で短く説明してから歌ったのですが、
歌いながら改めて歌詞を噛みしめ、ぐっと込み上げるものがありました。

最後に「ふるさと」を歌っている時に、
観客の中の日本人のお母さんたちの何人かが、
感極まってハンカチで目頭を押さえるシーンもあり、
それを目にした私を含め数名のメンバーが
一瞬歌えなくなるというハプニングもありました

必死でこらえながら歌っていたので、コンサートの後で、
ご父兄の方々から「ありがとうございました」と言ってもらったときには、
涙が溢れて止まらなくなってしまいました

「歌」が伝えるものの大きさを実感したコンサートとなりました。


「お歌の会」としては、これからもチャリティーコンサートに積極的に参加していく予定です。

それに伴い、お揃いのTシャツを揃えました。
スイス赤十字社が作ったチャリティーTシャツで、
「Switcher」というメーカーのもの。


チャリティーTシャツ1 チャリティーTシャツ2


1枚25フランで、そのうちの20フランが義援金に充てられます。
「Switcher」の各店で購入できるそうです。



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/742-15cd8e1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。