上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラスブールのクリスマスマーケットに行ってきました。

1570年に、大聖堂の周りに初めて開かれたクリスマスマーケットは、
ヨーロッパ最古のものだそうで、それ以降どんどん大きくなって、
現在では、街中に11個のクリスマスマーケットが開かれています。

自称「Capitale de Noël」(クリスマスの首都)


先週木曜日の夜から雪が降り出して一気に積り、
金曜日の昼間は一時、街中でも遭難しそうなほどの横殴りの吹雪
一体どうなることかと心配した土曜日の朝は、
サングラスが必要なほどの見事な快晴

ストラスブールへ


ジュネーブからストラスブールまでは、車で約4時間。
バーゼルを通って、そこからフランスに入ります。

快晴の中、快調に車を走らせていたのですが、
フランスに入ったころから雲行きが怪しくなってきました。
一時は吹雪で周りが見えないほどに。

しかし、そこは晴れ女。
ホテルにチェックインして、再び出かけるころには雪も止んでいました。
よかった~。

車はホテルに置いて、トラムで旧市街の方に向かいます。
新しくてきれいなトラム。
A~Fまでの6本の路線があって、便利です。

まずはブログリ広場(Place Broglie)へ。

様々な色に変化する、街のイルミネーションが美しい

ストラスブール01


クリスマスマーケットの入口です。

ストラスブール02


想像通りの人の多さに一瞬ひるみましたが、意を決して中へ。

私の大好きなパンデピスがいっぱい~~

ストラスブール03


怪しげな光を放つ電飾の数々

ストラスブール04


オーナメントだらけ~

ストラスブール05


そして、お決まりのヴァンショー。
グリューワインとドイツ語表記もあるところがストラスブールらしい。

ストラスブール06


ここのヴァンショーは、小さいサイズでも2dl。
ちょっと多いかな~と思ったけれど、
あれ、ジュネーブのよりアルコール分薄い???
飲み易くて、おいしくて、あっという間に飲めちゃいました


懐かしいリンゴ飴。
フランスにもあるんですね~。
「Pommes d'amour」(愛のリンゴ)ってネーミングが素敵

ストラスブール07



大きなクリスマスツリーがあるというクレベール広場へ向かいます。

派手なイルミネーション。
でも、古い建物に妙にマッチしているところがスゴイ。


ストラスブール14


どこに行っても電飾キラキラ~
人いっぱい~~~~

ストラスブール08


あ、見えてきましたよ。
うわ、本当に大きい

ストラスブール09


ツリーのそばにはサンタクロースさん。
本物のお鬚がいい感じですね。
子供たちと一緒に写真に収まっていました

ストラスブール10


さて、こちらがツリー
かなり離れないと全体像が撮れません

ストラスブール11


ツリーの根元には、アルザス地方の典型的&伝統的な村が再現されています。

ストラスブール12


見上げると、夜空にキラキラ光るツリー

ストラスブール13



つづく




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/698-30bc6d87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。