上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回ご紹介したお気に入りのチョコレートは、
ちょっと不便な所にあって欲しい時にすぐには買いに行けないのと、
生チョコなので日持ちがしないので、なかなかお土産にはし難いもの。
(前回の記事はこちら。)

で、よく手土産にするのが、街の真ん中にお店があって、
必要な時にすぐに買いに行けるこちらのチョコレート。

Auer1


ジュネーブの老舗ショコラティエ「Auer」の「Amandes Princesse」。

要するにアーモンドチョコレートなんですが、
かなりの大粒で、キャラメリゼされたアーモンドと周りのチョコのバランスが最高に美味

これも、日本人のお友達に教えてもらったのです。
おいしいもの情報は日本人のお友達からの口コミが重要

そのお友達も、また別のお友達から教えてもらい、
一粒もらって食べたらとってもおいしかったと言うので、
2人で一緒に買いに行ったのでした。

そのときから、私もこのチョコの虜に~~
これを食べると、もう他のアーモンドチョコは食べられなくなります。

ただ、残念なことに、日本にはお土産に持って帰ったことがありません。
日本に帰るのは夏が多く、どうしてもチョコレートが溶けて質が落ちる危険があるため。
日本のみなさま、ごめんなさい~



ちなみに、最近、ミグロというスーパーで良く似たアーモンドチョコを見つけました。
その名もやはり「Princess」。

ミグロチョコ1


そこで、事情を知らない夫に食べ比べてもらうことにしました。

はい、実験~~


Auer2


「第一印象としては、左の方がおいしそうだね。」


はい、左側が「Auer」でございます。
やっぱり見た目もこちらの方がおいしそうですね

両方を食べ比べた結果、明らかに左の方がおいしかったそうです。
「全然違う」と言っていました。


そうなんですよ。
ミグロの「Princess」も普通においしいんですが、
「Auer」の「Amandes Princesse」は、中のアーモンドも、
そしてもちろん外側のチョコレートも数段おいしいんですよね。

ただし、お値段も違います

ミグロの「Princess」は、150g入りで3.70フラン。
「Auer」の「Amandes Princesse」は100gが11フランですから、
約4倍の違い

値段を言うと、夫は「うっ」と言葉に詰まっておりましたが、
それでも「Auer」に軍配が上がったようでございます。


Auer
Rue de Rive 4, Geneve
http://www.chocolat-auer.ch/

ウェブサイトは英語のページもあります。
また、オンラインでの購入も可。
ただ、郵送料がかなり高いのが難点ですが・・・




ついでに、やはりスーパーのミグロで見つけた新製品。
フリーズドライした苺をホワイトチョコでコーティングしたものなんですが、
試しに買ってみて、ハマりました。
苺の酸味とホワイトチョコの甘さのバランスが絶妙。
ただ、ハマって食べ過ぎて、最近ちょっと飽きてきましたが・・・


ミグロチョコ2


隣にあるのは同じシリーズで、
フリーズドライしたクランベリーをブラックチョコでコーティング。

ホワイトチョコがあまり好きではない夫に買ってきたんですが、
私の好みではありませんでした~



さらにおまけ。
同じくミグロで見つけたこちら。

ミグロチョコ3


お~、モンブランのチョコレート!!
栗好きの血が騒いで買ってみました。

が、甘過ぎーーーっ

中の栗のペーストが甘過ぎて、栗の味がしない。

ということで、お気に入りにはならず




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/695-b4ec48e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。