上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大蔵流狂言の公演を観てきました。

これも、10月以降続いている日本文化月間のイベントの1つで、
事前申込みをすれば無料で観られるものでした。


狂言1


狂言は、これまで多分1度か2度ぐらいは観たことがあると思うのですが、
能の間に演じられるコメディータッチのもの・・・という程度の知識しかありませんでした。

もちろん、夫は初めて。


ジュネーブにある小ぢんまりした劇場に能舞台が作られていました。

狂言2


上には、フランス語の字幕が出ます。


最初の演目は、「Kazumo」。

これ、何だか分かりますか??
プログラムはフランス語なので、ローマ字で書かれたタイトルでは想像がつかず、
あらすじを読んでもなんとなくピンとこなかったのですが、実は・・・




「蚊相撲」




日本語でタイトルが出て、初めて納得


大名が相撲の場所を開きたいと言い出し、
命じられて下人の太郎冠者が相撲取りを探しに出かけます。
街道で出会って連れ帰ったのが、実は「蚊の精」。
この「蚊の精」は、相撲取りに化けてまんまと人間の血を吸ってやろうという魂胆。
(詳しくはこちらをどうぞ。)


この設定もさることながら、それぞれのセリフ回しや演技のおもしろいこと。
もう涙を流して笑ってしまいました。

セリフも、もちろん言い回しは古いのですが、ほとんど分かります。


1つ目の演目の後に、狂言についての簡単な解説がありました。

能とは違って、狂言は基本的には面をつけません。
面をつけるのは、動物や神様など人間以外の役の人だけ。
この「蚊相撲」では、蚊の精だけが面をつけています。

舞台には、大道具はもちろん、小道具も最小限しかありません。
全て役者の演技力と観客の想像力によります。

能舞台にはいつも背面に松の木の絵が描かれているのですが、
これは、松の木に神様が降り立ち観劇されるという伝説によるのだそうです。
初めて知りました~

また、狂言では、少し中腰で摺り足で歩くというのが基本なのですが、
この摺り足も、神様の前では静かにしなければならないというところから来ているのだとか。

しかも、この摺り足をマスターするのに、10年掛かるのですって!!

いろいろ勉強になりました~

役者による笑、泣、怒の感情表現の仕方の説明と披露、
狂言独特の動物の鳴き声や動きなどもおもしろかったです。



そして、2つめの演目は「Neongyoku」。

ネオンがどうした??って感じですが、
さて、これは何かと言うと・・・




「寝音曲」




なるほど。


たまたま太郎冠者の謡を耳にした主人が、太郎冠者に歌えと命じます。
ここで歌って、今後客人がある度に歌わされてはたまらんと思った太郎冠者は、
なんとかしようと策を練ります。
まずは、お酒を飲まなければ歌えないと言います。
主人がお酒をたっぷりふるまうと、次には妻の膝枕じゃないと歌えないと言い出します。
すると主人は、自分の膝枕で歌えとまで言います。
(あらすじはこちらで。)


これも相当おもしろい。

主人のわがまま、下人の悪知恵、それがバレるときのおかしさなど、
どことなく落語につながるような気がしました。


その後に小舞があって、おしまい。


最後に全員で、狂言の「笑」を披露。

狂言3


そして、ご挨拶。

狂言4


観客の大部分は日本人以外の人たち(多分スイス人?)で、
そして、おそらくはほとんどの人が狂言を観るのは初めてだったと思うのですが、
多分みなさん充分に楽しまれたことと思います。

私も、狂言がこんなにおもしろいなんて知りませんでした。
本当に楽しかったので、もっともっと観たいです~




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/693-4cc6d608
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。