上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンゴー分配の件で大騒ぎした翌朝、出勤前の夫が使用人全員を集めて威厳をもって(?)宣告いたしました。

「私はもうこれ以上マンゴーに関する文句は聞きたくない。
今後は、庭師Bのみがマンゴーを採ることとする。
他の者は一切マンゴーに触れてはならぬ。
ある程度集まったところで、我々立会いの下皆の者に公平に分配することにする。」

神妙に聞いていた使用人達。
不思議なことに、全員が満足気な顔
どういうこっちゃ…。

さて、それでどうなったかというと…。

さすがにその日はマンゴーのことを口にする者は誰もいませんでした。

が、その翌日、昼食を食べていた私達は、裏庭が騒々しいことに気がつきました。
どうやらマンゴーを採っているらしい。

見に行くと、なんと
木の上に庭師Bが
そんな方法で採っていたのね。

マンゴー狩り2あれっ?もう1人いる?
警備員の1人だ。

むむむ…
よく見ると、もう1本の木の上にも人が

家には4人の警備員がいて、交代で門番をしているのですが、その時勤務中だった1人を除いて全員が木の上にいたのです!!

マンゴー狩り1
ベンガル人たち、まるで猿のようにするすると木に登っていきます。
見ていると、足もまるで猿の足のよう!!
木に張り付いています。

採ったマンゴーはロープにくくり付けたズダ袋に詰め、袋が一杯になるとロープで下に下ろしているようです。

もちろんドライバーも手伝っています。

マンゴー狩り3「庭師B以外はマンゴーに触れてはならぬ!」
と言った夫の命令はどうなったのでしょう???

実際問題、この方法では、庭師1人が採ることは無理でしょうから、
協力するのはまあ仕方ないとしよう。

しばらくすると、また裏庭が騒々しい。
誰かが怒鳴っているみたい。

行ってみると、怒鳴っているのはどうやら隣のおっさんらしい。
ベンガル語なので分からないのだけど、ドライバーやコックの話では、このおっさんがうちのマンゴーを取ったので文句を言ったら、逆ギレされたのだとか。

おっさんの言い分は、取ったのは落ちていたマンゴーで、隣の敷地に落ちたマンゴーは彼のものだ、ということらしい。
まあそれぐらいはいいんだけど、そこまで怒鳴ることはないでしょう
元はうちのマンゴーなんだし…。
ドライバーが言うには、このおっさん、かなり口汚く罵っていたらしい…。

やっぱりマンゴーは人を狂わすのか??

夕方出かける時、ドライバーはすこぶるご機嫌でした
聞くと皆でマンゴーを分けたらしい。

あの…。
「我々立会いの下に分配する」
と言った夫の言葉は…???

結局夫の下した命令なんか、誰も守っちゃぁいません…
しかし、ドライバー曰く、
「ボスの決定は素晴らしかった!!」

夫の言った英語をちゃんと理解していなかったのか?
あるいは、始めから守るつもりなんてなかったのか??

皆で採って、勝手に分けたのなら、前と同じじゃないのか?

それでも、どうやら皆ハッピーらしい。
みんながハッピーで、文句を言ってこないならそれでいいのだけど、やっぱり理解できない私達であった。


マンゴー騒動で疲れた私達に1票お願いします
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/69-6a713250
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。