上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もまたジュネーブ国際音楽コンクールの時期がやってきました。

このコンクールは年に1度で、毎年ジャンルが違います。
去年は声楽とパーカッション。
今年は、ピアノとオーボエです。

去年は声楽のファイナルとマスタークラスを聴きに行きました。
(その時の記事はこちら。)

今年は、ピアノのファイナルの日が都合が悪くて行けないので、
時間のある時に、2次予選とセミ・ファイナルの一部を聴きに行きました。


ジュネーブ国際音楽コンクール2010


2次予選に残っていたのは16名。
先週の木・金の2日に渡り、午後と夜に4名ずつが演奏しました。
日本人も4人残っていましたが、
私が行った金曜日の午後には日本人の演奏者はいませんでした。

会場は、ジュネーブのコンセルヴァトワール。

コンセルヴァトワール


4名の演奏を聴きましたが、残念ながら、あまり感動はありませんでした。
案の定、4人ともセミ・ファイナルには残れず


セミ・ファイナルに残ったのは8名。
日・月の2日間でしたが、日曜日は1日用事があったので、
月曜日の午後、最後の2名の演奏を聴きに行きました。

最初は韓国人の男の子。
ダイナミックな演奏で、力強いはっきりした曲はなかなか良かったのですが、
静かな曲は単調な演奏に聞こえました。

もう1人はイタリア人の女の子。
彼女の演奏には、私はあまり入っていけず、途中で眠くなる・・・

はい、2人とも残念ながらファイナルには残れませんでした。

結局、私は運悪く、ファイナルに残った人たちの演奏は聴けなかったのです


ファイナルに残っているのは3人。
日本人の女の子が1人残っています。
後は韓国人とロシア人の女の子。

ファイナルは11月18日(木)の夜、Victoria Hallでです。
ああ、やっぱりファイナル聴きに行きたいな~



なんか偉そうなことを書きましたが、私はピアノは子供の頃に習っただけで、
そんなに専門的な知識があるわけではありません。
でも、好きなのでピアノの演奏はよく聴きます。

演奏の良し悪しの私の基準は、その人の音楽に入って行けるかどうか。
つまらない演奏だと、私の意識はどこかに飛んでしまって、音楽に集中できないのです。
逆に、素晴らしい演奏だと、別のことをしていても引き込まれます。
人を惹き付ける演奏ができるかどうか、ということだと思います。
これは、ピアノ以外の楽器や歌でも同じです。


実際、誰が演奏しているのか何も知らないで、演奏に感動した経験があります。


もう10年以上前、ストックホルムのデパートで買い物をしていた時です。
突然、ピアノの演奏が聞こえてきました
それが、何とも言えず美しい響きで、私は買い物を止めて音のする方へ降りて行きました。

デパートの入口付近の吹き抜けのホールでピアノを弾いていたのは、
ペーテル・ヤブロンスキーでした。

ペーテル・ヤブロンスキーはスウェーデンのピアニストで、
10代の頃から神童と呼ばれていたそうです。
当時、音大関係の知り合いがいたので、彼の名前は聞いていたのですが、
彼のピアノを聞いたこともなく、顔も見たことがありませんでした。

今はかなりおっさんになっていますが、当時はまだ30前で、若いイケメンでした
(ピアノの貴公子なんて呼ばれて、日本でも結構人気があります。)

そんな有名なピアニストが弾いているとは知らず、
しかもデパートの中という環境で、
それでも私は彼の演奏にぐいぐい引き込まれて行ったのでした。

結局、最後まで彼の演奏を聴き、その場でCDを1枚買ってサインをしてもらいました~

これ↓
ヤブロンスキーCD


彼の演奏例です。
短いものをどうぞ。





もう1回は、それより更に何年か前のこと。
ヨーテボリの音大ホールで、鮫島有美子さんのリサイタルを聴いたときのことでした。

当時はまだ声楽は習っていなくて、歌のことはあまりよく分かりませんでした。
が、実は私がびっくりしたのは伴奏のピアノでした
確かあまり良いピアノではなかったはずでしたが、その音色は深く素晴らしかったのです

後で聞くと、伴奏をしていたのは、鮫島有美子さんのご主人で、
ヘルムート・ドイチュさんという結構有名なピアニストだということでした。

歌を聴きに行って、伴奏に感動するというのも変な話ですが、
それほどに美しいピアノだったのです。



そして、伴奏と言えば・・・、

東京にいた時に趣味で声楽を習っていたのですが、
その時ご指導頂いていた先生のピアノも大好きでした

先生は、二期会会員の声楽家で、ピアニストではありません。
でも、ピアノの演奏はお好きだそうで、時間のあるときに時々弾いていらっしゃいました。
その音色は美しく、まるでピアノが歌を歌っているかのようでした

もちろん、先生のピアノ伴奏だと、歌もとても歌い易いのです。


同じピアノでも、弾く人によって全く違う音色になるのが不思議ですね




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/684-175ada66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。