上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスのチーズ料理というと、フォンデューやラクレットが有名ですが、
実はもう1つ「マラコフ(Malakoff)」というのもあります。

って、私もごく最近知ったばかりなんですが・・・


このマラコフというのはチーズに衣をつけて揚げたもので、
ジュネーブの隣のヴォー州の名物料理らしいです。

とは言っても、スイスオリジナルのものではなく、
クリミア戦争中の1855年に、セヴァスポートリのマラコフ要塞を占拠したフランス軍に
従軍していたヴォー州の兵士たちが、現地のレシピを持ち帰って広まったもののようです。


Glandの近くのLuinsという村にあるAuberge de Luinsというレストランで食べてきました。


マラコフ01


最初にサラダが出て、そのあと熱々のマラコフが配られました。
中が見えるように少し切ってみました。

マラコフ02


ふわふわしていて、思ったほど重くありませんでした。
ラッキョウや胡瓜のピクルスなどと一緒に頂くと、さっぱりします。

メニューには、マラコフ食べ放題というのもありますが、
そんなに食べられるものでもないですよね~
もう1個ぐらいなら食べられそうだったけど。


土地の白ワインと一緒に。

マラコフ03 マラコフ04


次に、やはりヴォー州の名物料理、キャベツの酢漬け入りのソーセージ。

マラコフ05


このソーセージの皮は食べないので、切り目を入れて中身を出し、
ジャガイモとリークを煮込んだソースにからめて頂きます。

マラコフ06


このソーセージは、去年に一度、家でも料理したことがあります。
その時の記事はこちら

家では、茹でた白菜と白いご飯と一緒に食べたので、もっとさっぱりしていました。
日本人にはこっちの方が合うかも


1人このソーセージ1本は、かなりのボリュームです。
私は食べ切れませんでした~


ついでに、デザート。
バニラアイスにシロップ漬けのグレープフルーツ。
おいしかったですが、ちょっと甘かった。

マラコフ07


初めてのマラコフはかなり好印象でした~。
チーズも臭みがなく、意外と軽くて食べ易かったです。

また食べたいです



Auberge de Luins
Au Village 1, Luins
Tel: 021-824 11 59
http://www.aubergedeluins.ch/




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/683-68e38e1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。