上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
念願だったラヴォー地区(Lavaux)の葡萄畑の中を散策してきました。

ラヴォー地区は、ローザンヌとモントルーの間の丘陵地に広がる葡萄畑で、
その景観の美しさと、伝統と歴史のあるワイン造りが評価され、世界遺産に登録されています。

今までも車でなんども側を通り、車窓からその美しさを眺めていました。
そして、一度ゆっくりとその葡萄畑の間を散策したいとずっと思っていたのです。

青々と葉が茂り、ワイン用のブドウが実る夏もとっても美しいのですが、
葡萄の収穫が終わり、葉が黄色く色づき始めたこの季節が私は一番好き。


今回は、シェーブル(Chexbres)という村に車を停めて、そこから散策開始。

雲が多く、お天気はイマイチでしたが、
雲間から差す太陽の光が神々しい雰囲気を醸し出していました。

ラヴォー01


葡萄畑とレマン湖を見下ろす。

ラヴォー02


こちらの秋は黄色が多いです。
唯一の赤は蔦。
燃えるように赤いです。

ラヴォー04



では、一緒に葡萄畑の中を散策しましょう。

ラヴォー05

ラヴォー06

ラヴォー07

ラヴォー08

ラヴォー11

ラヴォー12


所々に摘み残された葡萄が。

ラヴォー09

ラヴォー10



下に見える村はリヴァ(Rivaz)。
今回は帰りに車で通っただけなのですが、
とっても雰囲気のある可愛い村で、
次回は是非この村の中もゆっくり散策して回りたいです。

ラヴォー14

ラヴォー15



夕日に照らされて、葡萄畑はますます黄金色に輝きます。

ラヴォー17

ラヴォー18

ラヴォー19



延々と続く黄色く色づいた葡萄畑と青いレマン湖、
その向こうに見える雪を頂いたアルプスの山々。
心が洗われるような景色です。
同じような景色が続くのですが、全然飽きませんでした。

季節を変えてまた行ってみるのも楽しいかもしれません。


ラヴォー地区の詳しい情報はこちらから。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/674-a68782ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。