上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本祭りの前で、着付けの練習やお菓子作りで忙しい先週の土曜日、
またまた行ってきました、栗祭り

去年も行ったフュリー村の栗祭りです。

今年はアスコーナの栗祭りにも行ったし、
フュリー村の栗祭りは、去年も行ったので、
今年は行くつもりはなかったのですが、
ふと開いた新聞にこんなに大きな記事が出ていて、
栗好きの血が騒いでしまいました

Fully 01


しかも、天気予報は雨

雨の中お祭りに出かけるというのは、かなり迷ったのですが、
栗祭りに行けるのも今年が最後かもしれないので、
思い切って出かけることにしました。


途中、高速道路走行中はかなりの雨で、引き返そうかと思ったほどでしたが、
フュリー村に近づくと雨脚は弱まり、パラパラの小雨に。

お天気が悪いせいか、去年は渋滞していた道もスイスイ。
思ったよりはたくさんの人が来ていましたが、
それでも、去年に比べれば少ない人出で、
出店を見て回るにも、ストレスが少なくて良かったです。

Fully 02


フュリー村の焼き栗機は、ドラム型。
地方によって違うのはおもしろいですね。
アスコーナはフライパン型でした。)

Fully 03



去年食べなくて心残りだった「Brisolée」を、まず頂きました。

Fully 04


Brisolée」は、焼き栗とシャスラ種のブドウやリンゴなどの果物、
そしてチーズを一緒に食べるヴァレー州の名物料理。
地元の白ワインと一緒に頂きました。

焼き栗とチーズを一緒に食べるとおいしいということを発見。
チーズの塩味が栗の甘味を引き立てるようです



お腹が膨れたところで、ブラブラと出店を冷やかして歩きました。
なんとか雨も上がって、良かった~。

Fully 05


去年も買った栗マフィン。
同じ場所に店を出していました。
ちょっと通になって気分

Fully 06


栗のパン。

Fully 07

栗を粉にして、それで作ったパンのようです。
試食しましたが、ちょっとパサパサした感じで、
好みではなかったので買いませんでした。



ギネスブックにも載っているという、世界一大きい焼き栗機。

Fully 08


今年も使われてはいませんでした。
ワインのスタンド群の裏にひっそりと置かれていて、
この焼き栗機に注目する人は、私たち以外にはいないようです。

かわいそうな焼き栗機。
世界一なのに・・・



セントバーナードのブリーダーのコーナー
去年は子犬がいたのですが、今年は2匹の大人犬のみ。

Fully 09


手を出すと寄って来て、おとなしく撫でられるセントバーナード。
大きいけど、本当におとなしいです。

Fully 10



おもしろい焼き栗発見。

Fully 11


イベリア半島起源の調理法にヒントを得た、昔の焼き栗だそうです。

焼き上がりは、皮が白くなっています。

Fully 12


試食をさせてもらったら、これがと~ってもおいしい
回りに塩が付いているみたいで、ほのかな塩味。
栗もホクホクです。

「Brisolée」でのチーズとの組み合わせといい、
塩味と栗って合うのですね~。



冷えると思ったら、山の上の方は雪でした

Fully 13




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/673-1c77bc03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。