上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌日も、灰色の雲が低く立ち込めるどんよりとしたお天気

マッジョーレ湖を望むホテルに泊まっていたのですが、
湖も向こうの山も区別がつかないほどの生憎のお天気でした。

前回ルガーノに行ったときに、夫が行きたがっていたのですが、
方角が逆だったので行かなかった教会を見に行くことにしました。


アスコーナの50kmぐらい北西にあるヴァッレマッジア地方(Vallemaggia)の
モーニョ(Mogno)という小さな集落にある教会です。

ヘアピンカーブの続く細い山道を車で上ること30分。
やっとモーニョ村に到着。

標高1180mのこの村は、すっかり秋の気配。
霧に包まれて、少し幻想的な雰囲気さえ醸し出しています。

Mogno 01


この道の先に目指す教会があります。

Mogno 02



こんな山奥の小さな集落に突然現れる超近代的な教会。

Mogno 03


元々あった教会が雪崩で潰されてしまったため、
ティッチーノ州出身の建築家マリオ・ボッタが設計して、
1996年に建てられたサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。

この教会は、地元で採れる石で造られています。
白い大理石とグレーの花崗岩がストライプやチェックの模様を成していて、
その美しさに圧倒されます。

鐘の下の部分が入口。

Mogno 04


とても小さい教会で、私のカメラでは中の全体像を収められないので、
いくつかの違うアングルでご覧ください。

          Mogno 05

Mogno 06

Mogno 07

Mogno 08

Mogno 09

          Mogno 10

          Mogno 11



この日は曇っていたので、教会の中もモノトーンな感じですが、
晴れた日には天井から差し込む太陽の光で、
ストライプやチェックが更に複雑な模様を生み出すようです。

それを体験できなかったのは残念。
こちらのサイトで、少しご覧いただけます。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/668-d3c1686e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。