上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、いよいよ栗祭りの会場内へ。

会場になっている所が、湖沿いの広いプロムナードなので、
人は多くても、そんなに混み合っている感じはしません。
ゆっくり写真を撮る余裕があるのが嬉しい。


まず、目に着いたのはこちら。

Ascona 05


焼き栗の作り方って、いろいろあるのですね~。
フュリー村では、ドラム状の栗焼き機を回しながら焼いていました。
(その様子はこちら。)


ここで焼いた栗を買うことができるのですが、かなり長い列ができていました。
列が進まないところを見ると、栗が焼けるのを待っているみたい。

なので、先に出店を見て回ることにしました。

フュリー村の栗祭りより、規模はずっと小さいですが、
でも、あっちにもこっちにも栗がいっぱい


栗を使ったデコレーション。

Ascona 06


イガに入ったままの栗も売られていました。

Ascona 07


栗のビール??

Ascona 08


栗のチョコ。

Ascona 09


ワインはティチーノ産のメルロー。

Ascona 10


そして、もちろんマロンクリームも。

Ascona 11


カップ入りのモンブラン。
ここでもやはり「Vermicelle」(細い麺の意)と呼ばれていました。

Ascona 12


底には小さなメレンゲが入っていて、上にはたっぷりのホイップクリーム。
これで小さい方のサイズ。
大きい方はこの倍ぐらいの大きさですが、それを1人で食べている人も結構いました

甘過ぎるものが多い中、このマロンペーストはあまり甘くなく栗本来の味。


同じお店で瓶入りのマロンペーストも買いました。

Ascona 13


他にも、栗入りのガレットも購入。
家に帰ってから食べたのですが、中に栗がたっぷり入っていて、
ちょっと和菓子のような感じで、とってもおいしかったです

Ascona 14


ちなみに、こんなものも売っていました~

Ascona 15



そうこうしているうちに、例の焼き栗の販売終了時間が迫って来ました。
慌てて戻ると、前方から歩いてくる人の多くが手に焼き栗の袋を持っています。
中には、1人で3袋も4袋も持っている人も

なんとなく嫌な予感が・・・


売り場に着くと、やっぱり長い列。
仕方なく列の後に並びました。

しばらくすると、焼けた栗を持って来たおじさんが、
「これで最後だよ」
と、言っている(らしい)

列の最後の方の人には、
「もうそこまでは無いよ」
と、言っている(ようだ)

それでも、私たちより後ろに並んでいる人たちも残っていたので、
私たちも祈るような気持ちで自分たちの順番を待ちました。



が、



ああ、無情。
私たちの3人ぐらい前で終了となってしまいました


なんという失敗。
なんで最初に買っておかなかったのかな~。

次々と栗は焼けているようだったので、
まさかなくなるとは思わなかったんですよね。

後悔先に立たず・・・


それでもあまりに悔しいので、
会場に来る前に街角で見かけた焼き栗屋さんに行きました。

私たちのすぐ前に並んでいた2人連れも買いに来ていました。
多分、他にも向こうで買えなかった人たちが買いに来ているのでしょう。
かなり繁盛していました。

Ascona 16


無事、焼き栗はゲットしましたが、
街角のスタンドで買うなら、ジュネーブで買っても同じ。

あの焼き方をした焼き栗はどんな味だったのかな~と、
やっぱり悔しい思いは残ったのでした


つづく




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/667-b874fbce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。