上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栗の季節がやって来ました

去年の10月にはフュリー村の栗祭りに出かけました。
(そのときの様子はこちら。)

その情報を知ったのは、スイス政府観光局のウェブサイトなのですが、
そこに、ティチーノ州の栗祭りについての記載もありました。
が、私が知ったのは既に終わったあと。

そこで、今年こそはティチーノの栗祭りに行こうと、
夏の終わりから計画を立てていました

ティチーノ州の栗祭りはいくつかあるようですが、
私たちは先週土曜日に行われたアスコーナの栗祭りに行ってきました。


スイス・イタリア語圏に行くのはこれで2度目。
前回ルガーノに行ったときには、モンブラントンネルを通って、イタリア経由で行ったのですが、
アスコーナはルガーノよりも北にあって、シンプロン峠を越えて行くコースが最短らしい。


土曜日の朝は気持ち良く晴れて、絶好のドライブ日和
レマン湖やアルプスの山々を眺めながら快調に走ります。

to Ascona 01

to Ascona 02


知らないうちにドイツ語圏に突入。
気がついたら、道路の表示がドイツ語になっていました


そして、いよいよシンプロン峠に近づいてきました。

to Ascona 03


標高2005mのシンプロン峠。
鷲の石像は、第二次世界大戦のときに峠を守り抜いた
スイス国境警備隊を記念して建てられたそうです。

to Ascona 04


峠を越えたところに見えた修道院(?)。

to Ascona 05


峠を越えると、急に雲が立ち込めてきました

たいていは、雲はアルプスの北側に留まることが多く、
なので、アルプスの南側にあるイタリアはお天気が良くて温暖な気候。

ところがどうしたことか、この日に限って、
どうやら雲はアルプスの南側に留まっていたらしい・・・

to Ascona 06


峠を越えてもまだスイス国内ですが、しばらく行くとイタリアへ入国。
イタリアのドモドッソラという町を通り抜けて、再びスイスへ。

スイスに入って、目指すアスコーナに近づくにつれ、
山間の道の両側には、たわわに実った栗の木がいっぱい。

まだ青いですが、「あ、栗だ!」「あそこにも栗!!」と
栗祭りへの期待が高まります

to Ascona 07



「マッジョーレ湖の真珠」と呼ばれるアスコーナですが、
灰色の雲が低く立ち込めて、風光明媚なリゾート地も寂しげな様子です。

Ascona 01

Ascona 02


それでも、栗祭りの会場になっている湖沿いのプロムナードは人で溢れ、
楽隊の演奏や民族衣装に身を包んだ人たちの歌などで賑わっていました

Ascona 03

Ascona 04


つづく



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/666-6c9eddca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。