上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、グリュイエールでもう1つ行きたかったのがこちら。

ギーガー01 ギーガー02


ギーガー美術館

H.R.ギーガーは、エイリアンのデザイナーで、アカデミー賞も受賞しています。


ギーガー03 ギーガー04


博物館の中は撮影禁止なので、写真がないのですが、
こちらのサイトで少し雰囲気が分かるかと思います。
http://www.hrgigermuseum.com/

ギーガーのスケッチ、絵、彫刻などに埋め尽くされた館内。
才能は感じるけれど、かなり危ない領域。
これが彼の空想・夢想の世界なのかと思うと、怖いです

中には一部、未成年立ち入り禁止のコーナーがあって、
そこには所謂ポルノ作品が並んでいるのですが、
これも相当にアブノーマル

私は結構シュールリアリズムが好きなんですが、
ここまで来ると、ちょっと、いや、かなり引いてしまいました
神経の繊細な方は、行かない方がいいかも・・・


ギーガーの世界にどっぷり浸かったあとは、ちょっと一休み。



って、入ったところはギーガー・バー



ギーガー05


美術館のすぐそばにあります。

↑こうして覗いている人が多いです。
で、実際に入る人は一部。

店内はこんな感じ。

ギーガー06

ギーガー07


私たちは窓際の席に座りましたが、カウンターにあるのと同じ椅子でした。

エイリアンなシートで、普通にカプチーノを頂きました


壁にはこんなのがあったり、

ギーガー08


これは、かなり怖い

ギーガー09



外に出ると、そこは平和な現実世界。
夕方になっても、まだまだかなりの人出です。

グリュイエール夕方01


グリュイエールと言えばチーズ。
麓の駅前にチーズ実演製造所があって、チーズ作りが見学できるのですが、
ギーガー・バーで休憩した後に行ってみると、すでに見学時間は終わっていました
残念。


グリュイエール訪問の締めくくりは、やっぱりチーズフォンデュ。
チーズフォンデュにグリュイエールチーズは欠かせないので、
やはり本場で一度は食べておかないとね

丘の上の広場の両脇には、チーズフォンデュやラクレットを食べさせるレストランがたくさん。
メニューや値段は、どのレストランも似たようなものなので迷います。
なんとなく雰囲気でこのレストランを選択。
Hotel de la Fleur de Lys


グリュイエール夕方2


私たち2人で2人前のチーズフォンデュは食べ切れないので、
サラダとチーズフォンデュを1人前ずつ注文しました。
フォンデュは一番オーソドックスなモワティエ・モワティエ。

グリュイエール食事1 グリュイエール食事2


ここのチーズフォンデュは、食べやすくておいしかったです。
1人前にしたお陰もあるけど、初めて最後の最後まで食べ尽し、
底に焦げ付いたチーズをこそげ取って食べるところまで行きました。
この最後のお焦げがおいしいと聞いていたので、やっと経験できて嬉しい~~


デザートは、やはりグリュイエール名物のダブルクリーム。
夫は季節の果物と(ラズベリーでした)。
私は、同じくグリュイエール名物メレンゲに挑戦。

グリュイエール食事3 グリュイエール食事4


私のメレンゲ&ダブルクリーム、これでハーフサイズなんですよ~~
一瞬注文間違ったかと思いました。
フルサイズって一体どんなサイズなのかしら・・・



5月の後半は、もう日がかなり長くて、
レストランを出てもまだ明るかったです。

グリュイエール夕方3

グリュイエール夕方4




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/663-2f44bd83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。