上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、いつも行くスーパーでインド産のマンゴーを発見。
ほのかに甘い香りと共に、懐かしさがこみ上げてきました


バングラデシュのダッカに住んでいたとき、
家の庭に大きなマンゴーの木が3~4本あって、
この時期にはたわわに実がなり、嫌というほど食べていました。

厳しい生活環境の中で、腹の立つことや大変なことが多かったダッカでの生活。
2年近く経った今でこそ、懐かしく思い出せるようにはなりましたが、
それでも、「恋しい」と思うほどには至っていません。

が、その中で唯一恋しいもの、それがマンゴー

バングラデシュにはあまりおいしいものがなかったけど、
マンゴーだけは、と~っても甘くておいしかったのです。

しかも、食べ放題


近所のスーパーで見かけたインド産のマンゴーは、
どうやらバングラデシュのマンゴーと同じ種類のものみたい。

試食させてくれたので、食べてみると、
うん、甘い。
懐かしい味です。

1個3.95フラン(約320円)。

試しに2個買ってみました。

インド産マンゴー01


買ったばかりのときは、まだ少し緑色が残っていました。

1つはもうその日に食べられると言われたので、早速いただきました。
甘かったですが、まだもう少し熟した方がおいしいかも。

なので、もう1つは更に3~4日置いてから食べました。
甘くておいしいです

インド産マンゴー02 インド産マンゴー03


懐かしい味のマンゴーを食べながら、
ダッカでのマンゴー騒動を思い出しました

以前に書いた記事ですが、よろしければこちら↓からどうぞ。
「マンゴー★マンゴー☆マンゴー」
「マンゴー騒動、その後・・・」


たった3年前のことなのに、隔世の感があります。
今の生活とはあまりにも違う、
いろんな意味で特別だったダッカ時代の思い出



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/621-68d21228
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。