上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「見どころ満載★欲張り3カ国春の旅」過去の記事はこちらから。
パドヴァ1
パドヴァ2
パドヴァ食事編
スロヴェニアへ
リュブリャナ
リュブリャナ城
寿司ママ
ブレッド湖
ポストイナ鍾乳洞
シュコツィアン鍾乳洞
トリエステ



靴を買っていたので、予定よりトリエステ出発が遅くなってしまいましたが、
まずは、この日の最初の目的地、ピランへ向かいます。

再びスロヴェニアに入国です。
と言っても、EU内なのでノーチェック。


スロヴェニアで海に面しているところはごく僅か。
イタリアとクロアチアに挟まれたその僅かな部分にピランがあります。

ピランの街の中には住人以外の車は入れないので、手前の駐車場に車を停めて歩きます。

マリーナの向こうに旧市街が見えてきました。

ピラン01


町の中心となるタルティーニエフ広場。

ピラン02

ピランは13~18世紀にかけて、ヴェネチア共和国の支配を受けたそうで、
この広場の回りに建つ建物もその当時のものだそうです。

教会の塔もヴェネチア風ですよね。

ピラン03

一際目立つこの塔は、小高い丘の上に建つ聖ユーリ教会の鐘楼。

火曜日が休みなのか、それともまだ観光シーズンが始まっていないからなのか、
残念ながら、教会も鐘楼も閉まっていて、中に入れませんでした。

隙間から覗き見した教会の中。

ピラン04


ここからもなかなかの眺めなのですが、
さらに高い丘の上に残る城壁まで行ってみることにしました。

ピラン05


坂をどんどん上って行きます。
人影はほとんどなし。

さらに城壁の中の階段を上がって塔の上に出てみると・・・

ピラン06

ピラン07


青い空に碧い海。
海に突き出したレンガ色の町並のコントラストが素晴らしい。

ずっとこの景色を眺めていたい気分。
私も夫もこのピランの町が大好きになりました。
定年になったら、こんな所に住みたいな~


この景色を堪能した後は、また坂を下りてタルティーニエフ広場へ。

実はピランには塩田があって、天日塩を作っています。
そのピラン塩(Piranske Soline)のお店が広場の一角にあります。

真ん中にある赤い建物。

ピラン08

ピラン09


自宅用とお土産用にいくつか買いました。
↓これはその一部。

ピラン10


瓶入りのは、最高級塩のソルトフラワー。
調理に使うのではなく、食べる前に直接かけるのに向きます。
手前のは、塩入りチョコレート。
ほんのり塩味のブラックチョコレートです。


買い物をした後は、お塩屋さんのちょうど前にテーブルを出していてカフェで一休み。
久しぶりの快晴でしたが、気温はまだ低かったので日向に座りました

30~40分ぐらいしか座っていなかったと思うのに、
しっかり日焼けしていました~~
恐るべしピランの日差し!!




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/603-ae011340
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。