上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「見どころ満載★欲張り3カ国春の旅」過去の記事はこちらから。
パドヴァ1
パドヴァ2
パドヴァ食事編
スロヴェニアへ
リュブリャナ
リュブリャナ城
寿司ママ
ブレッド湖
ポストイナ鍾乳洞
シュコツィアン鍾乳洞



シュコツィアンからトリエステまでは20kmほど。
でも、トリエステはイタリアです。

30分ぐらいでホテルに到着。

観光するほどの時間はなかったのですが、
夕食前に少し散歩に出かけることにしました。

ホテルの前の大通りを渡ると、すぐに海。
ちょうど日の入り間近だったので、埠頭に向かいます。

トリエステ01


結構たくさんの人が、日の入りを見に集まっていました。

トリエステ02


アドリア海に沈む夕日。

トリエステ03


日の入り直後のPiazza dell'Unit醇A d'Italia。

トリエステ04


トリエステは、中世の街並みが広がるイタリアらしいイタリアの町というよりは、
ウィーンとかパリとかに近い印象を受けました。

それもそのはず。
トリエステは、長くオーストリアの支配下に置かれていたそうです。


日が沈んでしまうと暗くて何も見えないので散歩も切り上げ、
ホテルで紹介してもらったレストランへと向かいました。

「DR24」とホテルで言われたレストラン。
正式な名前は忘れてしまいましたが、DRがイニシャルだったと思います。
で、確か24番地だったような・・・(かなり記憶が曖昧)。

入口は狭いのですが、奥が広く、
観光客相手なのかと思ったけれど、そうでもなく、
地元の人もたくさん来ているようでした。
ちょっと奥まった通りにあるので、観光客目当てというわけではないのでしょう。

じゃがいもとモッツァレラのコロッケ。
サクッと揚がっていておいしかったのですが、
もう少しチーズがとろけているともっと良かったな~。

トリエステ05


夫が頼んだ魚介のリゾットと私の海老のグリル。
この日からしばらくは魚介三昧

トリエステ06 トリエステ07



さて、翌日も予定がびっしりの私たち。
トリエステは、短時間で歩いて見て回れるほど小さい町ではないし、
特にどうしても観ておきたい名所があるというわけでもないので、
トリエステの観光は諦めることにしました。

それで、朝食を食べて、早々にチェックアウトしようと思ったら、
車を取ってくるのに30分ぐらい掛かるとのこと

30分もロビーで時間を潰すのも勿体ないので、
ホテルの近くに散歩に出かけました。

前日日の入り後に見たPiazza dell'Unit醇A d'Italia。
打って変って快晴の青い空。

トリエステ08


そのまま当てもなくぶらぶら歩いていると、
見つけてしまいました、GEOXの店!!!

このブログで何度も書いていますが、GEOXはイタリアの靴メーカー。
通気性が良く履きやすいので、最近の私のお気に入りです。
ところが、ジュネーブには店舗がありません

ここで会ったが百年目!
嬉しくなって即中へ~

ジュネーブにも、GEOXの靴を取り扱っている店はあるのですが、
どうしても置いている靴の種類が少ない。
ドライビングシューズのようなカジュアルな靴が多く、
ヒールのあるパンプスなどはほぼ皆無です。

が、さすが本場イタリア!
パンプスも種類豊富です。

この機会を逃してはいかんと、ほとんど興奮状態で一気に3足お買い上げ~~
夫も私に触発されて、1足買いました。

↓戦利品。
トリエステ09


トリエステに泊まることにしたのは、シュコツィアンから近いということと、
トリエステという名前の響きに魅かれてのことでしたが、
結局は観光もできず、単に泊まっただけ・・・。

「トリエステに泊まった意味はあんまりなかったね~」と言っていたのですが、
ここにきて大きな意味をもつことに。

実は、リュブリャナでもGEOXの店を見つけたのですが、
土曜日の午後で、既に閉店していて買い物はできなかったのです。


「そうか、GEOXで靴を買うためにトリエステに来たのね~


大きな袋を2つ抱え、上機嫌でトリエステを後にすることになりました



おまけ: 海の向こうに見える雪を頂いたアルプスの山々
トリエステ10



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/602-b2c02405
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。