上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「見どころ満載★欲張り3カ国春の旅」過去の記事はこちらから。
パドヴァ1
パドヴァ2
パドヴァ食事編
スロヴェニアへ
リュブリャナ
リュブリャナ城
寿司ママ
ブレッド湖
ポストイナ鍾乳洞



さて、もう1つの鍾乳洞、シュコツィアンの最終ツアーは3時半。
こちらももしかしたら、ポストイナのように追加ツアーを出しているかなと、
微かな期待を抱きながらも、とにかく3時半目指して車を飛ばします

ポストイナは、大々的な観光地と言う感じで、
駐車場も広くて、観光バスもたくさん停まっていました。

一方、シュコツィアンの方は、ユネスコの世界遺産に登録されているにも関わらず、
なんだかひっそりとした佇まい。

駐車場に着いたのがちょうど3時半。

ドキドキしながら見ると、チケット売り場のそばに人だかり。
慌ててチケット売り場までダッシュしました

チケットを購入すると(大人1人14ユーロ)、
「すぐにツアーが出ますよ」
と言われました。

どうやら間に合ったみたい


ポストイナのように、そこがすぐに洞窟の入り口というわけではなく、
実際の鍾乳洞の入り口までは、15分ぐらい山道を下って行きます。

シュコツィアン01


鍾乳洞の入り口で、言語別にグループ分けされます。
ポストイナと同じ4つの言語(スロヴェニア語、イタリア語、英語、ドイツ語)ですが、
英語とドイツ語は同じグループでした。
1人のガイドが英語とドイツ語で解説します。


ツアーは約3km。
かなり歩きます。
ポストイナと違って、ここはハイヒールでは絶対無理

行程の前半は、鍾乳石を見ながらずんずん下って行きます。
一番低いところは、地表から144mだそう。

鍾乳洞の規模は、ポストイナよりもずっと小さく、
鍾乳石も取り立てて珍しいと思うものもありません。


が、後半がスゴイ。

突然、轟音のような水の音。

洞窟内にレカ川が流れ込んで、地下渓谷を造っています。
その迫力はすごいものがあります

一番の見どころは、その地下渓谷に掛かる橋。
45mぐらいの高さで、見ただけで足がすくみそう~
吊り橋じゃなくて良かったです・・・

洞窟内は撮影禁止のため、シュコツィアンのHPからお借りしました。

シュコツィアン02


その後は、この地下渓谷沿いの道を歩いて行きます(同じくHPから借用)。

シュコツィアン03


もうこうなったらほとんど山歩き状態。
でも、トレッキングコースとしては最高のコースです。
私の好きなタイプ
今回は、ずっと下っていくコースでしたが、
これが上りでも、こういうコースなら苦にならないのです。


途中、手すりにしがみついてる1匹のコウモリをガイドさんが見つけました。
言われても、じっとみないと何なのかわからないぐらい、小さく丸まっていました


出口付近になって、ようやく撮影許可が・・・。
でも、撮るものはほとんどないんですが。

洞窟の出口です。

シュコツィアン04


この川が洞窟内に流れ込んでいるのですね。

シュコツィアン05


洞窟を出て、今度はどんどん上っていかなければなりません。
あれだけ下りたんだから、仕方ないですね・・・

振り返って見た、洞窟の出口。

シュコツィアン06


最後は、エレベータで。

シュコツィアン07


ガイドツアーは1時間半ほど。
戻るとすでに5時を回っていました。

チケット売り場はもちろん、インフォメーションセンターもカフェも
すべて閉まっていて、ひっそりとしていました。


本日の予定をすべて終了し、その日の宿泊地であるトリエステへ向かいます。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/601-7005e497
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。