上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「見どころ満載★欲張り3カ国春の旅」過去の記事はこちらから。
パドヴァ1
パドヴァ2
パドヴァ食事編
スロヴェニアへ
リュブリャナ
リュブリャナ城
寿司ママ
ブレッド湖



スロヴェニアのもう1つの有名な観光地は、ポストイナ鍾乳洞
リュブリャナから南西に50kmほど行ったところにあります。

鍾乳洞内は、ガイド付きのツアーで見学するようになっています。
ツアーは、シーズン中は1時間に1回出ているようですが、
4月の初めはまだシーズンには早くて、2時間に1回。
入場料は大人1人20ユーロです。

12時のツアーを目指して行ったのですが、
着いてみるとかなりの人が来ているではないですか!!
イースターマンデーで休日だったからかもしれません。

入口には長い列・・・

ポストイナ01


12時になっても中に入れず、焦りました

ここの後に、もう1つ別の鍾乳洞にも行く予定だったので、
2時のツアーまで待たされたのでは、間に合いません。

でも、さすがに、この日は混んでいたからか、
12時半に次のツアーが出るとのことで、ホッ


中に入ると、まずはトロッコ列車で2キロほど奥まで行きます。

ポストイナ02

風を切るので寒いのが難点でしたが、
鍾乳洞の中を疾走するトロッコ列車はかなりのスピードで、
途中頭がぶつかりそうに低いところや、狭いところを通ったりして、
結構スリルがあって楽しかったです


トロッコ列車を降りたところで、スロヴェニア語、英語、
イタリア語、ドイツ語のグループに分かれるようになっていました。

この日は、どうやらイタリア人の観光客が多かったようで、
イタリア語のグループは溢れかえっていました。

意外にも英語のグループは人数が少なくてラッキーでした。
と言っても3~40人はいたと思いますが・・・。

そこから約1キロ、ガイドの説明を聞きながら歩いて行きます。

ポストイナ03


1mm成長するのに何十年という年月がかかるという鍾乳石。
その果てしない時の経過と、自然が創り出した様々な形にはいつも感動を覚えます。

いくつかの鍾乳洞を見ていると、どこも大体似たようなものなのですが、
世界最長とも言われるこのポストイナ鍾乳洞のスケールの大きさには圧倒されました。

ただ、観光用にかなり整備されているので、
観光客の中に、ハイヒールを履いたマダムがいたのにはびっくりしました


ツアーの最後の方では、鍾乳洞内に住む不思議な生物が見られます。

ポストイナ04
↑写真はポストイナ・ツーリストインフォのHPからお借りしました。

ホライモリという両生類。
真っ暗な洞窟の中で生活しているため、目は完全に退化していて、
1年ぐらいは何も食べなくても生きていけるのだとか。


ツアー解散後は、またトロッコ列車に乗って戻ります。
全行程は1時間半ぐらい。

地上に戻ると時刻はすでに2時。
もう1つの鍾乳洞、シュコツィアンの最終ツアーは3時半。
まっすぐ行けば十分間に合いますが、その前にもう1つ寄りたいところが・・・


ポストイナ鍾乳洞から9kmほど離れたところにある洞窟城。
切り立った断崖の中に埋め込まれるようにして建っています。

洞窟城


中も興味津々だったけど、入っていたらシュコツィアンには行けません。
ここは諦めて、写真を撮るだけで我慢


夫の従妹ファミリーとはここでお別れです。
3日間お世話になりありがとうございました。
お礼もそこそこに、慌ただしいお別れになってしまってすみませんでした


さあ、シュコツィアン鍾乳洞目指して、急げ~~



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/600-60576b77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。