上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「見どころ満載★欲張り3カ国春の旅」過去の記事はこちらから。
パドヴァ1


さて、パドヴァ観光は続きます。

一見教会のように見えるこの建物。

Padova 14


実はここは有名なカフェ「Cafe Pedrocchi」。
1831年オープンだそうです。
ちょっと中を覗いただけで入らなかったのですが、
中は上品で優雅な雰囲気が漂っていました~



ボローニャ大学に次いで古いパドヴァ大学。
1222年創立というから、本当に古いですね。

Padova 15

Padova 16



ぶらぶら歩いているだけで、写真に収めたい景色がいっぱい。
なんでもない場所が絵になるんですよね~

Padova 17

Padova 18



サンタントニオ聖堂は、ビザンチン建築の影響を受けたちょっとエキゾチックな外観。

Padova 19


聖アントニオが祀られていて、その墓石(?)に触れると奇跡が起こると信じられているようです。
実際に奇跡が起こったと伝える手紙や写真が周りに飾られていて、
常に信者の方々が墓石に手を触れ熱心にお祈りを捧げていました。

私も恩恵に与りたいと思ったものの、
信者でもない私がそういうことをするのは不謹慎に思えて、遠慮しました。
それほど皆さん真剣に祈ってらしたのです。



このサンタントニオ聖堂から少し行ったところに
Prato della Valleという大きな公園があります。

周りには市が立ち、真ん中の芝生では人々が日光浴をしたり、
ピクニックをしたり、のんびりと本を読んだり。
市民の憩いの場、という感じ。

Padova 20

Padova 21

Padova 22

Padova 23

もっと時間があったら、私もここでもっとのんびりとくつろいでいたかったな~。


今回の旅行では、タヌ子さんのブログ「異邦人の食卓」を随分参考にさせていただきました。
このPrato della Valleはタヌ子さんのお気に入りの場所だそうで、
ブログにも素敵な写真が掲載されています(こちら)。
タヌ子さんのブログにあるように、夜や早朝(は私は無理だけど・・・)にも訪れてみたいです。



中継地点をパドヴァにしたのは特には理由はありませんでした。
もう少しジュネーブ寄りのヴェローナにしようかと最初は思っていたのですが、
ヴェローナは今までに2回訪れたことがあるので、
どうせなら行ったことのない町にしようと思ったのです。

それで、地図を広げて、リュブリャナまでの高速道路沿いにある街を適当に選んだだけでした。

でも、私も夫もパドヴァがとっても気に入りました
今回行けなかったところもあるので、是非また来たいと思います。


昨日の記事に書いたトラムは、トランスロールと呼ばれるものだとタヌ子さんに教えていただきました。
架線のないところでは、蓄電池で走れるのだそうです。)



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/592-5ee1a69d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。