上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスと言えばチョコレート。

そして、ジュネーブとその近郊の町には、たくさんの有名なショコラティエがあります。

そんなショコラティエが20以上も集まって、
自慢のチョコレートの展示・販売を行うチョコレート祭り
20日土曜日にジュネーブ郊外のべルソワという町(村?)で開かれ、
女友達3人と一緒に行ってまいりました~


ベルソワまでは、ローカル電車で約15分。
ベルソワ駅のすぐ目の前に会場はありました。

チョコレート祭り01


チョコレート祭りは9時から。
私達が着いたのは10時半ごろでしたが、
会場はすでにたくさんの人・人・人・・・。
そして、チョコレートの匂いが充満しています。

チョコレート祭り02


もうすぐイースターなので、卵やうさぎ、羊の形をしたチョコレートがいっぱい!

チョコレート祭り03 チョコレート祭り04
チョコレート祭り05 チョコレート祭り06

↑この羊、お茶目で可愛いけど、大きいものは110フラン(約1万円)!!
買う人いるのでしょうか~??


他にもシュレックや巨大なトリュフ、チョコのブーケなども。

チョコレート祭り07 チョコレート祭り08 チョコレート祭り09



食べるチョコレートばかりではありません。
チョコレートのキャンドルやコスメまでもありました。

チョコレート祭り10 チョコレート祭り11


ムース・オ・ショコラはスクラブ、フォンダン・オ・ショコラは顔用クリーム。
まるで本当に食べられそうです。

でも、ボディークリームを試した友人は、その後ずっとチョコの匂いに悩まされていました。
チョコレートの香のコスメは、ちょっと考えものですね・・・



その場でショコラティエが作るお菓子を買って食べることもできます。
おいしそう~

チョコレート祭り12


各ショコラティエが試食を出しているので、
いろんなチョコレートの味見や食べ比べができます。

人を掻き分け、写真を撮り、試食をし、買い物をして、
私たちは1時間半ぐらい会場にいました。

人とチョコレートに酔って、少しフラフラしながら一旦会場の外へ。


少し行ったところにチョコレート工場があって、
その周りはまた濃厚なチョコレートの匂いが立ち込めていました。

チョコレート・フォンデュの試食が1フランでできるのでした。

散々いろんなチョコの試食をした後なのに、これにも手を出した私・・・。

チョコレート祭り13


中にはカットフルーツが入っていて、少しさっぱり。
でも、濃厚なチョコレートにさすがにちょっと胸やけが・・・



さて、チョコレート祭りのもう1つの見ものは、5mの巨大チョコうさぎ!!

少し離れたところにある会場までは、こんなチョコ列車が走っています。

チョコレート祭り14


が、子供連れの家族がたくさん並んでいたので、私たちは歩くことにしました。
(でも、帰りは乗ったのですけど・・・。)


会場の入口では入場制限をしていて、入るのに少し並ばなければなりませんでした。

期待に胸膨らませ入った会場で私たちが目にしたものは・・・



チョコレート祭り15



え~と、これ、何ですか???



なんと、まだ作っている最中でした・・・



こちらが、多分、顔と耳・・・。

チョコレート祭り16 チョコレート祭り17


完成した姿を想像することすら難しい状態です。

私達が行ったのは、午後1時ごろなんですが、
チョコレート祭りはこの日1日だけで、午後6時まで。
果たして今日中に出来上がるのか、これ??

完成した姿を見られる人は、どれくらいいるのでしょうか・・・


そう言えば、去年栗祭りに行ったときも、
世界一大きな焼き栗機があると聞いて楽しみにしていたのですが、
探してやっと見つけた焼き栗機は、現在は使用されておらず、
会場の隅の方にポツンと置かれていたのでした・・・。
(その時の記事はこちら)


あ~、他にもあった!
ジャイアント・フォンデューにもがっかりしたんだった・・・
学習していない私。
(その時の記事はこちら


これからは、「ジャイアント○○」という謳い文句に騙されないようにしよう・・・



チョコレートの食べ過ぎで、何か辛い物が食べたかった私たち。
駅の近くのタイ料理レストランでランチをしました。

が、タイ料理でチョコの甘さがすっかり中和された私たちは、
帰る前にもう1度会場を一回り~。
会場内は朝よりも更に多くの人でごった返していました
それでも負けずにデザート代わりに試食再び

これは、女の子同士だからできる技ですね。
夫と一緒だったら、絶対に無理だったことでしょう。

気がついたら6時間もべルソワにいました。



さて、私が買ったのは、試食でとってもおいしかったブラックチョコレートと
近くの村で作られたスパークリングワインと共に試食させてもらった
パッションフルーツ入りのチョコレート。
どちらもNyonの「Rapp」というショコラティエのもの。

チョコレート祭り18


そして、以前カルージュのお店で衝撃のレーズンチョコを買ったとき、
店を出る前に試食させてもらったピスタチオチョコが忘れられなかった私。
(その時の記事はこちら

そのショコラティエ「Philippe Pascoët」も出店していたので、
念願のピスタチオチョコも買いました!!
試食もたっぷりさせてもらった~♪

チョコレート祭り19


これ以外にチョコレートケーキとマロンケーキも一切れずつ買った・・・。


ああ、私のダイエットは遙か彼方に遠のいて行く~~


でも、でも、チョコに囲まれてと~っても幸せな1日でございました



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/584-bbfdf5d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。