上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は今日は私の誕生日でした

年々日が経つのが早くなって、
去年の誕生日から、あっという間に今年の誕生日。
最近は、誕生日が来るたびに、自分の年齢に愕然とします・・・


まあ、年齢のことはさておき、
一応この世に生を受けためでたい日なので、
お祝いをすることにしましょう。

でもね、ここはジュネーブ。

ジュネーブでは、日曜日はほとんどの店が閉まってしまいます。
それはレストランも例外ではないわけで・・・

せっかくレストランでちょっと豪華なディナーを、と思っても、
開いている適切なレストランがないのです。

仕方なく、夫が前日の土曜日にレストランを予約してくれました。

これも、簡単ではなかったらしいです。
ちょっと良いなというレストランは、平日しかやっていないところが多いみたい。


で、行ったのが、ホテルボーリヴァージュの中にある
レストラン「Le Chat-Bott醇P」(長靴を履いた猫)。


まずは、ロゼのシャンパンで乾杯。

アぺリティフに出てきたアミューズ。

Le chat-botte 01


最近あまりたくさんの量は食べられなくなってきた我々夫婦。
コースはきついからアラカルトにしようと思っていたのですが、
2人ともが食べたいと思った料理がメニューグルメのコースに入っていました。
(そのコースのメニューはこちら「MENU GOURMET」

このコース、全品食べるとなるととても無理ですが、
3コースや4コースも選べるようになっているみたいだったので、
食べたいと思った2品とデザートにすれば、こっちの方がお得!!

そう思って注文すると・・・

「チーズとデザートは含まれますので、お料理の中から3品お選びください。」



え~~~!!



まあ、今更引き下がれないので、またメニューとにらめっこして
もう1品ずつ選びました。

思ったよりも2品も多いコースになってしまいました。


しかも・・・


お料理の前に出てきたアミューズ。

Le chat-botte 02


どれも、トリュフを使ったものでした。
このレストラン、トリュフメニューというのもあるほど、
トリュフを使った料理がお得意のようです。


そしてようやくコースがスタート。

まず1品目は、 2人ともフォアグラ。
タイのマンゴーのジェリーとともに。

Le chat-botte 03


私は、それほどフォアグラ好きというわけではないのですが、
このフォアグラはおいしかった。
私が苦手なレバーの臭みがほとんどせず、とっても上品なお味でした。


夫の2品目は、ダブリン海老のカダイフ包み揚げ。

Le chat-botte 04


私もこれを選んでいたのですが、もう1品は選んだものが違ったので、
私の場合はこの海老が3品目になりました。

そして、私の2品目は・・・

Le chat-botte 05


ヴァロルブ産のカエル・・・
(前に鍾乳洞に入ったVallorbeの景色が浮かびました

ふわふわの天ぷら風にしてあって、
ほうれん草のムースリーヌとガーリッククリームとで
とってもおいしかったです。


夫の3品目。
北海産のタラのグリル。

Le chat-botte 06


グリーンパパイアとココナツミルクで、少しタイ風の味付け。
付け合わせが真っ黒なリゾットみたいなものだったのですが、
食感はお米じゃなかったので、なんだったのかな・・・。
メニューには載っていないので、結局分からず。
でも、とってもおしいかったのです。
夫が残した分を私が全部食べました~~


予定外にお料理3品になりましたが、1品の量が上品で良かった~。
そして、どれもとってもおいしかったです。
いつも減塩薄味の我が家の食事に慣れている2人には、
どうしても少し塩辛く感じるのですが、
でもそれもほんの少しなので、本来は塩辛くはないのだと思います。


そして次に運ばれてきたチーズのワゴン。
すごい種類のチーズです。

Le chat-botte 07


お腹が既にいっぱいなので、少しだけ頂くことに。
夫は、グリュイエールチーズとロックフォール。
ただし、シェーヴル(山羊)のロックフォールだそうです。
強いチーズが苦手な私は、スイスのアッペンツェラーとシェーヴル。

Le chat-botte 08 Le chat-botte 09


私の付け合わせはイチジクのコンフィチュールなのですが、
これがもうたまらくおいしかった
いままでに食べたイチジクのコンフィチュールの中では最高でした。


そして、デザート。

のはずが、なんとプレデザートまでありました

Le chat-botte 10


イチジクのワイン漬けみたいなのと、赤ワインのシャーベット。
これは、どうも私たちの口に合いませんでした。
無くてもよかったな・・・。


夫のデザートはコルシカ産マンダリンのスフレとソルベ。

Le chat-botte 11


私は、フォンダンショコラにとっても心惹かれたのですが、
とにかくお腹がいっぱいだったので、重いだろうと思って断念。
その代りに選んだのは、クリスピープラリネのキューブとホワイトモカのアイスクリーム。

Le chat-botte 12


お誕生日用に、こんな粋なデコレーション。
嬉しいですね

ホワイトモカのアイスクリームはとってもおいしかったのですが、
プラリネは大き過ぎ。
キューブ(って確かにキューブには違いないが)ってもっと小さいと思っていました。
しかも、ヘーゼルナッツ入り(プラリネだからな・・・)。
私はヘーゼルナッツが苦手なので、あんまり食べられませんでした


最後にエスプレッソを。
コーヒーに添えられたチョコレートがまたおいしかった~
猫の顔が描かれています。

Le chat-botte 13



このコース、これだけの質と量(種類)でこのお値段はとってもお得です。
お料理も今までジュネーブで食べた中では一番おいしかったと思います。
是非また行きたいと思える数少ないレストランの1つです。

でも、次回は本当にアラカルト2品とデザートで充分だと思う我々夫婦でした。


LE CHAT-BOTTE
Hotel Beau-Rivage
13 Quai du Mont-Blanc
1201 Geneve
Tel:+41-22-716-6920



誕生日当日の今日、夫からもらったプレゼント

Birthday present 2010


中身は秘密です




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/574-33ecfff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。