上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬季オリンピック真っ只中、日本はまだ金メダルが出ませんね~。

時差の関係で、ライブで観ようと思うと、夜から始まって朝までなので辛い。
元々私は夜型で、夜更かしする傾向があるのですが、それに更に拍車が掛かっています


今日は、フィギュアスケートの男子フリーを観ようと、一旦寝て、朝5時に起きました。
そこから、最終滑走組のみ見て、再びベッドへ・・・
でも、上位5人の演技が見られて満足です。

金メダルのライサチェク選手は、安定&メリハリのある演技で文句なし。
背が高く手足も長いので演技が映えます。

銀メダルのプルシェンコ選手は、ちょっとジャンプが不安定(でもコケなかったのはスゴイ!)で、
本人も満足のいく演技ではなかったような表情をしていましたね。

そして、高橋選手は、最初の4回転ジャンプに失敗したものの、
その後の演技は素晴らしく、銅メダルに終わったのは残念でした。
でも、オリンピックのフィギュアで日本男子がメダルの取るのは初めてなのですよね。

そして、わずか0.5点ほどの差で4位に終わったランビエール選手は、スイスの選手です。
それも、フランス語圏。
開会式の入場行進では、旗手を務めました。
ドイツ語圏以外の選手が旗手を務めるのは初めてなのだそう・・・。
高橋選手との点差はわずかですが、ジャンプの安定性や全体的な技術のレベルは、
やっぱり上位3人には敵わないかな~という印象でした。

今日(明日)からアイスダンスですね。
放送は夜中の2時半から・・・
う~~~、一番きつい時間帯です。
もう少し早く始まってくれたらな~~。



さて、話は変わって・・・

いつもおいしそうなお料理が満載のタヌ子さんのブログ「異邦人の食卓」で、
お友達と一緒にトルコ料理を作ったという記事がありました。
その中に茄子の肉詰めがあって、急に私も食べたくなりました


今までピーマンの肉詰めは作ったことがあったのですが、
いつもはハンバーグにするような肉のタネを生のまま詰めて焼いていました。
それだと、火が通ると肉が収縮してピーマンから離れてしまったり、
こっちで売っているような大きなピーマンだと、ピーマンが生焼けだったりと、
なんとなくうまくいかないことが多かったのです。

でも、タヌ子さんのブログに載っていた茄子の肉詰めは、
茄子もファルス(肉の詰め物)も先に火を通して、最後にオーブンでさっと焼くだけ。

これなら失敗しないでできそうです。


タヌ子さんのは茄子1個丸々使ったファルシでしたが、
1人1個は多いので、私は半分ずつにしました。

茄子を縦に半分に切ってから、再び合わせて、レンジで10分弱。
茄子が柔らかくなったら、中をくり抜きます。

ファルスは、玉ねぎとマッシュルームのみじん切り、牛ひき肉、そしてくり抜いた茄子。
オリーブオイルを熱してニンニクを入れ、ファルスの材料を炒めます。
私はビーフブイヨン(粉末)を少しと醤油を大さじ1杯弱、塩・コショウで味付けました。

それを茄子に詰め、オーブンで焼くだけ。

茄子のファルシ01


上にチーズをかけたい衝動にかられたのですが、
最近やけにあっさり味を好む我が夫。
しかも昨日チーズフォンデュを食べに行って、
お腹がもたれると嘆いていたので、チーズは止めにしました

ファルスは薄味に仕上げたので、トマトソースを添えることに。

さいの目に切ったトマトを少しのオリーブオイルで炒め、
ほんの少しの粉末ブイヨンと砂糖少々。
そこにレモン汁と粒マスタードも加えて、少しさっぱりめのソースにしました。

もう少しさいの目に切ったトマトの形を残すつもりだったのですが、
予想以上に早く形が崩れてドロドロのソースになってしまいました

茄子のファルシ02


もうちょっと盛り付けが上手かったらな~~

でも、味はなかなか良かったので、また作りたいと思います




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/573-597f4530
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。