上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.12 ルシア祭
12月13日は、スウェーデンでは聖ルシアの日。

文化や習慣に共通点の多い北欧の国々の中でも、
このルシア祭を祝うのはスウェーデン(とフィンランドの一部)のみ。
ちょっと特別なお祭りです。

ルシア祭抜きには、クリスマスが迎えられません。

なので、海外にいても、クリスマスバザーのときなどに、
子供達がルシアの行列を披露することも多いです。


ジュネーブでは、11日(金)に、大使公邸でルシア祭が行われました。

ルシア祭およびクリスマスにはつきものの、
Glöggというスパイス入りの暖かい赤ワインとジンジャークッキー、
ルッセキャットと呼ばれるサフランパンを頂きながら歓談していると、

ルシア隊の入場。

ルシア0901

ルシア0902


ルシアやクリスマスの歌を数曲披露してくれました。


「外見よりは内面が大切」と思っているスウェーデン人は、
ビューティーコンテストに批判的な人が多いのですが、
毎年この時期、ルシア役を決めるときには、
どうしてもビューティーコンテスト的要素が入ってしまうらしいです。

夫の同僚の50歳ぐらいの女性は、スウェーデン人にしては小柄で、
昔バレエを習っていたとかで姿勢の良い、今でも美しい人なのですが、
髪が金髪じゃないために、一度もルシアに選ばれなかったと言っていました。


でも、このルシア役、キャンドルを灯した冠を被るので、
ロウが髪にこびり付いて、あとが結構大変なのですよ。
(子供の場合は本物のキャンドルは使いませんが。)


公邸で見つけたルシアのデコレーション。

ルシア0903 ルシア0904


公邸でのルシア祭も毎年恒例の行事で、去年の様子はこちらから。

そういえば去年は、ルシア役の女の子がバスを乗り間違えて
間に合わなかったというハプニングがありました。
(これは、この先ずっと語り継がれそうです・・・


一昨年のダッカでのルシア祭の様子はこちらで。


ルシア祭についての詳しいお話はこちらをどうぞ。
ジンジャークッキーやルッセキャットの写真およびレシピも載っています。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/548-c102007a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。