上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋は、食欲だけじゃなくて、芸術の秋でもあります

先週も、ジュネーブ国際音楽コンクールの声楽部門ファイナルと
マスタークラスを聴きに行ったのでしたが、
この日曜日は、コンサートの2本立てでした。


まずは3時半からの「日本のメロディー」。
これは、ジュネーブ日本倶楽部設立10周年の記念コンサートだそうです。

日本人のソプラノ歌手の方2名とピアニストの方を中心に、
日本舞踊やコーラスも交えながら、全27曲の日本の歌を披露。

懐かしい歌がたくさんありました。


ただ、このコンサート、30分近く遅れて始まった上、
休憩を挟んで2時間半もの長丁場。

入場無料のコンサートだし、「お子様もご一緒に」というものだったので、
5時半ごろには終わるだろうと踏んでいたのですが、大ハズレ。
実際には、終わったのは6時半近く

次のコンサートが7時からだったので、慌てました。

しかも、お腹も空いてきた


ヌーヴ広場のコンセルヴァトワールに向かう途中で何か買おうと思ったのですが、
日曜日の午後6時半過ぎに開いている店はほとんどありません。

途中、焼き栗スタンドを見かけて、一旦は通り過ぎたものの、
何もないよりはマシだろうと、戻って焼き栗を200グラム購入。

これ、正解でした

旧市街の辺りはし~んと静まり返っていて、
開いている店は見事に1つもなかったのです。

焼き栗のお陰で、とりあえずは飢えをしのぎ、
コンサート中にお腹が鳴ることも、空腹で倒れることも回避できました


この2つ目のコンサートは、ショパン・フェスティバルの最終日。
ポーランド政府代表部の方にチケットを頂いたのです。

演奏はアルベルト・ノセというイタリア人のピアニスト。
前半は、ショパンの「24の前奏曲 作品28」全曲、
休憩をはさんで、後半はリストを数曲とアルカンのソナチネでした。

彼の力強い演奏に、拍手が鳴りやまず、アンコールは3回
私たちはかなり疲れていましたが、聴き応えのあるコンサートに大満足でした



ジュネーブは、音楽フェスティバルがとても多いように思います。
気をつけてチェックしていると、無料や廉価で良い演奏が聴ける機会がたくさんありそうです




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/539-e29f8b33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。