上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴨肉っていうのは、レストランで食するものだと思っていましたが、
ここジュネーブでは、鶏肉の横に普通の顔して(?)鴨肉が並んでいます。
(少なくとも私がいつもいくスーパーでは・・・。)
しかも、鶏肉よりほんの少し高いだけで、高級食材ってワケでもない。

鴨肉だけじゃなくて、七面鳥もいつも並んでいるし、
ウズラやキジなんかも鎮座しておりまする~


ほぼ毎日買い物に行くのですが、鶏肉以外の家禽類、
ましてや野禽なんぞは、いつも横目で眺めるだけ。

それでも、鴨肉は多少気にはなっていました。

しかし、鴨肉なんて自分で料理したことないし、
どうやって調理していいのかも分からず、
手に取って眺めては見るものの、いつも買わずに過ごしていたのでした。



そんなある日、いつもおいしそうなお料理満載のブログ「異邦人の食卓」で、
「マグレのオレンジソース」が紹介されていました。

レシピを見てみると、案外簡単に作れそう。


と、いうので、私も初めて鴨料理に挑戦してみました~


スーパーで買ってきた鴨のマグレ。

Carnad 01


100gが4フラン。
これで約400gなので16フランぐらい(約1300円)です。
ちなみに、いつも買っている鶏の胸肉が100g3.40フラン。



さて、調理開始。

まず、オレンジの皮をピーラーで剥くのがこんなに大変だとは思いませんでした~
うちのピーラーが悪いのか??
しかも、今度は中の実がはがれない~~
オレンジを用意するだけで、えらく時間がかかった私・・・

まあ、その間にポテトがゆで上がったので、手順としてはよかったんだけど・・・

そして、マグレを焼きます。
焼いているとき、と~~~ってもいい匂いがキッチンに充満~
食欲が湧きます。

が、なんせ鴨肉を調理するのはこれが初めて。
どのぐらいの火力でどのぐらいの時間焼けばいいのか分からない。

表面が焦げてきたので、これ以上は焼けないかなと思い、取り出して保温。

しか~し、いざスライスしてみると、あまりにもレア過ぎるではないですか
不安になって、再び焼きました~。


手際が悪くて、「異邦人の食卓」のタヌ子さんのように「ささっと」は作れませんでしたが、
なんとか出来上がりました~。

付け合わせはマッシュポテトで。

Canard 02

Canard 03



初めてにしては、よくできたかな・・・。

ただ、鴨肉が、焼いている間はあんなに良い匂いが漂っていたのに、
あまり鴨肉の味がしなかった・・・
でも、それは素材のせいだよね???
それとも、焼き方が悪かったのか???


マグレのオレンジソース、レシピはこちら↓をご覧ください。
「異邦人の食卓:マグレのオレンジソース」




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/520-3e0a9dc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。