上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.02 アンティーブ
コートダジュールへの旅の最終日。

行きはイタリアを通って行ったので、帰りはフランスを抜けて帰ることにしました。
夫は翌日から仕事なので、あまり遅くなるわけにもいかず、
途中に寄り道できるのは1か所だけ。


ニースのマティス美術館で、マティスが手掛けたロザリオ礼拝堂の模型やデッサンを見たので、
是非実物を見てみたいと思い、ロザリオ礼拝堂があるヴァンスに寄ろうと思いました。

ところが、ガイドブックを見ると、残念なことに、日曜日は礼拝堂の中が見られないらしい。

中世の町並みはもうさんざん見たので、礼拝堂が見られないならヴァンスに行く意味はあまりない。


そこで、海辺の町アンティーブ(Antibes)に寄ることにしました。


この日も暑く、日光浴や海水浴を楽しむ人はまだたくさん。

Antibes 01

Antibes 02



ここには、プロヴァンス市場が出ます。

Antibes 03



でも、私たちは、まずランチ~
ニースにいたのに食べられなかったニース風サラダを。

Antibes 04


普通はツナが入っているのだと思いますが、ここはカジキのグリル。
ボリュームもたっぷりでおいしかったです。



さて、お腹がいっぱいになったところで、
ピカソ美術館になっているグリマルディ城へ。

終戦直後、ピカソがアトリエとして使っていたそうです。

Antibes 05



美術館の中は撮影禁止でしたが、テラスはOK。
いくつかの彫刻が飾られたテラスは、海を眺めながら
のんびり過ごしたいような居心地の良い空間。

Antibes 06

Antibes 07

Antibes 08

Antibes 09

Antibes 10



さて、そろそろジュネーブに向けて出発です

夫が、その昔ナポレオンが通ったとされるルート・ナポレオンを走りたいと言うので、
香水の町グラース(Grasse)を通って、ディーニュ・レ・バン(Digne-les-Bains)まで北上。

Antibes 11



途中、景色のきれいな所も通るのですが、展望ポイントなどは作られていないので、
止まって景色を堪能したり写真を撮ったりすることはできませんでした。

しかも、内陸に入るに従って天気が悪くなり、時々横殴りの雨・・・
アンティーブでの夏の日差しが嘘のようです。


次第に飽きてきた夫・・・
でも、今更引き返すこともできず、ひたすら走ります

それでも、フランスの変化に富んだ地形は興味深いものがありました。
(イタリアを通るルートは、比較的単調でたいくつだったので・・・

Antibes 12

Antibes 13

Antibes 14



このルートを通ると、高速道路がほとんど使えず、かなり時間がかかりました
少し遠回りになるけれど、プロヴァンスの方を回って帰れば、
ずっと高速を走ることになるので、もっと楽で早かったと思います。

盛りだくさんで疲れたけど、楽しいコートダジュールへの旅でした~




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/515-60eb31eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。