上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19世紀末から20世紀にかけて、多くの芸術家が南仏に集まりました。
コートダジュールやプロヴァンスには、それらの芸術家に因んだ美術館が数多くあります。

ニースにあるのは、マティスとシャガールの美術館。



まずは、マティス美術館へ。

ニース09



広い公園の中にあり、この日は土曜日ということもあって、
家族連れや友達グループが、ゲームに興じたりピクニックをしたり。

美術館の前はオリーブの林!!!

ニース10

ニース11



このときは、「マティスとロダン展」という特別展をやっていました。
マティスの彫刻やロダンのデッサン画などが並び、比較されています。
10月からはパリのロダン美術館で同じものが展示されるらしい。


常設展には、ヴァンスのロザリオ礼拝堂の模型や
内装のデッサン画などが展示されていて、興味深かったです。



美術館を出て、オリーブ林を抜け、シミエ・フランシスコ会修道院へ。
結婚式の準備をしていて、あまりゆっくりは見られませんでした。

ニース12

ニース13

ニース14




そして、次にシャガール美術館へ。
こちらはモダンな建築。

ニース15

ニース16



朝からコーヒーを飲んでいなかった私たちは、
ここでまず、庭にあったカフェテリアへ

にこやかで感じの良い若い日本人女性が給仕をしていました。
日本人客がかなり多いのだろうなと想像できます。
実際、カフェテリアでも美術館内でも、何人かの日本人を見かけました。

カプチーノと共に頂いたのは、夫・バナナスプリット、私・タルトタタン。
どちらも巨大です~~

ニース17 ニース18



ほっと一息ついて、いざ館内へ。

近代建築の美術館は、光をふんだんに取り入れ、
広々とした明るくて居心地の良い空間。
写真撮影もOKです。

シャガールの色彩豊かな絵が、差し込む日の光の中に映えます。

ニース19

ニース20

ニース21

ニース22

ニース23

ニース24

ニース25



小さなホールのステンドグラスが圧巻。

ニース26

ニース27




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/512-0aa41bba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。