上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.24 ニース
3日目は、ニース市内を観光。



マセナ広場。

ニース01



2007年に開通したばかりだという真新しいトラム。

ニース02



プロムナード・デザングレ(Promenade des Anglais)を散歩。

ニース03



ビーチでは、日光浴する人、泳ぐ人、パラセーリングをする人・・・。
コートダジュールはまだまだ夏でした

ニース04



ニースと言えば、ホテル・ネグレスコ。
ベルエポックの代表的な建物。

ニース05



さて、そろそろランチの時間。

ニース風サラダなんかで軽く済ませたかった私たちですが、
強い日差しが照りつけるプロムナードを歩いてきたので、かなりフラフラ~
レストランを探して歩く力は残っていませんでした。

ふと、そういえばこの近くに日本料理のレストランがあったはずと思い出し、
おいしいお寿司が食べたくなって、行ってみることにしました

このレストラン、敢えてどことは書きませんが、
ミシュランガイドにも一応ナイフとフォークのマークが1つ、
そして、日本のガイドブックには、「腕のいい職人が握る寿司は絶品」と書かれていて、
実はかなり期待して行ったのでありました。



ところが・・・



ちょうど昼時なのに、中はガラガラ。

一抹の不安は抱いたものの、給仕の人も日本人で、
懐かしい「いらっしゃいませ」の掛け声に勇気を得て、席に着きました。

私は「絶品の寿司」を求めて寿司定食。
夫は天ぷら定食を注文。

しばらくして、突き出しの小鉢が出て、
続いて天ぷらとお寿司が出てきたのですが・・・

ニース06 ニース07 ニース08



え~~、サーモンばっかり・・・
と、まずがっかり。

しかも、すし飯もネタも、はっきり言ってイマイチ。
卵が一番おいしかった・・・。
これならば、ジュネーブの「匠」や「みすじ」の方がずっとおいしいです。


食事も半分ぐらい進んだところで、ふと、
「あれ、これってお味噌汁ってつかないのかしら??」と疑問が湧く。

私たちの少し後に来た隣のテーブルの中国人らしきお客さんのところには、
突き出しと一緒にお味噌汁が出ています。

そこで、お店の人に聞いてみました。
「これって、お味噌汁はついていないのですか?」



すると・・・



「あ、ついていますよ。もうお持ちしましょうか?」


「もう」って???
今でなければいつ出すおつもりで???
料理の後????

私は日本人だから、最初にお味噌汁を出すのは控えたのかもしれないけど、
そのあと忘れていたんじゃないかと・・・

で、出てきたお味噌汁も別になんてことない普通のお味噌汁でした・・・


更には、夫は「お茶もついているんじゃ・・・」と言っていたのですが、
私は定食に何が付いているのか、ちゃんとメニューを見ておらず、
まあ、日本と違って海外では、たいていの場合がお茶は有料なので、
頼まずそのまま店を出ました。

店の外に出ているメニューで確認すると、定食にはちゃんと「緑茶」も書かれていました

なんで出てこなかったんだろう。
これも頼まないと出てこないの??

なんだかとっても腹立たしい、不完全燃焼なランチになってしまったのでした



つづく




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/511-f5c63f3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。