上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュネーブには、国連をはじめ、数々の国際機関が集まっていますが、
その中の1つ、WTO(世界貿易機関)のオープンハウスに行ってきました。

WTO 05


カラリと晴れた日曜日で、結構たくさんの人が訪れていました。

ここは、我が夫が毎日のように会議に通っている場所でもあります。

最初、30分おきに出ているガイドツアーに参加しようと思ったのですが、
フランス語のみで、しかもグループが大きくてガイドの声も聞こえない状態だったので、
プライベートガイド(夫)で行くことにしました


まずは、横にあるカンファレンスセンターへ。

WTO 01


広い会議ホール。

WTO 02


各加盟国の席が並んでいます。
地域ごとにまとまっているみたい。

スウェーデンも、もちろん日本もあります。

WTO 03 WTO 04



そして、メインのビルへ。

これは、元はILO(国際労働機関)の建物だったそうで、
中の絵画は、それを彷彿させるものがいくつかあります

↓「労働の尊厳」
WTO 06 WTO 07
WTO 08 WTO 09



大小様々な会議室がいくつもあります。

WTO 10 WTO 11

WTO 12
↑通訳ブースから見たメインの会議ホール



図書室。

WTO 13



中庭。

WTO 14



レマン湖側から見たWTOの建物。

WTO 15



加盟国のいくつかが、料理や飲み物のブースを出していました。
スリランカのブースで頂いたセイロンティーがとってもおいしかった


そろそろ帰ろうかと言っていた時にばったり会ったとある国の夫の同僚から、
ガイドツアーに参加すればいつもは入れない部屋が見られると聞き、
「それは是非行かなくちゃ!」と、俄然張り切りだした夫。

やっぱりフランス語しかなく、ガイドの声もほとんど聞こえないようなツアーで、
既に見てきた場所を再び周り、1時間ほどのツアーの最後にやっとお目当ての場所に。



それは・・・



限られた国の代表者によるトップ会合が行われる「グリーンルーム」。
閣僚とか、最低でも大使でないと入れないのだそうです。

WTO 16




そして・・・



パスカル・ラミー事務局長の執務室。
等身大の写真がお迎えしてくれました

WTO 17 WTO 18

WTO 19 WTO 20




お天気が良かったので、レマン湖畔を散歩しながら家路につきました。

街の真ん中のモンブラン橋からはちらりとしか見えないのですが、
この辺りからだときれいに見えるモンブラン。
特に今日はくっきりはっきり。

WTO 21




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/502-220d25d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。