上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日、3月に一度ちょこっと寄ったイヴォワールに行ってきました。


イヴォワールは、ジュネーブから20km、
レマン湖畔にあるフランスの町。
フランスでも最も美しい町の1つと言わています。


昼前に家を出たのですが、途中渋滞に巻き込まれたり、
また(!)ナビに翻弄されたりして、
イヴォワールに着いたら1時近くになっていました。


なので、まずはランチ!
Le Pré de la Cure」というホテル&レストランで。


最初に出たアミューズは、スイカのガスパッチョ。
スイカの甘味とピリッとしたスパイス&バジルの香りが
おもしろい組み合わせ。

Yvoire01 Yvoire02

ワインはロゼを。
こっちの方では、夏にはロゼを飲む人が多いみたいです。
ジュネーブでも、ロゼがたくさん売られているし、
このレストランでも、ロゼを飲んでいる人が多かったです。


前菜。
左:山羊のチーズの生ハム巻きとサラダ
右:ナスの春巻き(?)
山羊のチーズ、やっぱりおいしい♪

Yvoire03 Yvoire04


メインは二人とも鴨。
かなりのボリュームでした。
でも、柔らかくてジューシー。
ミネラルウォーターもちょっとおしゃれ。

Yvoire06 Yvoire05


デザート。
左:パンナコッタ。
パンナコッタは、バニラたっぷりでかなり甘いんですが、
上に乗った酸っぱいグレープフルーツが甘さを緩和してくれます。

右:コアントローのパルフェ&カシスのソルベ。
こちらは、上に乗ったメレンゲが甘く、
それが酸っぱいカシスのソルベとよいバランスを生み出していました。
メインでお腹いっぱいだったのに、ペロリと平らげました。
おいしかった~~

Yvoire07 Yvoire08


これで、26ユーロ(約3500円)のコースメニュー。
ワインのハーフボトル、最後のエスプレッソも全部入れて76ユーロ(約1万円)。
ランチとしては高いけど、このボリューム(夕飯は食べられませんでした)、
そしてこの質でこの値段はとってもお得だと思います。



さて、2時間ぐらいかけてゆっくりランチを堪能したあとは、
中世の町を散策です。

3月に来たときとは違って、すごい観光客の数!!!
狭い通りに人がひしめき合っています。
そのかわり、前には無かった花が町中に溢れていました。
写真を比べてみてください。


Yvoire09


Yvoire10


Yvoire11



そして、前回は閉まっていて入れなかった五感の庭(Jardin des Cing Sens)へ。
味覚、臭覚、触覚、視覚(色)と、聴覚(鳥)の5つに分れた庭が
迷路のようにつながっています。

Yvoire12Yvoire13Yvoire14Yvoire15Yvoire16Yvoire17Yvoire18Yvoire19Yvoire20

上段真ん中の青い花、↑のランチに飾られていたのにお気づきになりましたか?

臭覚の庭では、パイナップルやレモン、リンゴの匂いのする花、
チョコレートの匂いやカレーの匂いのするものまで!!
触覚の庭では、実際に手で触れてみることができます。
ビロードのような、「耳」のような、ソフトな葉の触感がおもしろい~(中段左)。

なかなかに楽しい庭園でした


たくさん写真を撮ったので、よろしければご覧ください。
More Photos("Play" を押してください。)




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在11位、ブログ村ヨーロッパ情報は3位です~
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/481-4eefb73d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。