上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝5時半にシンガポールに着きました!

あ~、これぞ見慣れた国際空港ってもんだ。
明るくて広くてきれい。

入国審査もスムーズに済み、預け入れ荷物を取りに行くと、荷物は既に出ていてターンテーブルから下ろされていました。
ここまでなんと30分。
速いっ!!

タクシーでマリーナ・マンダリン・ホテルへ。
早朝にも関わらずチェックインできました。ラッキー♪
フライト中ほとんど寝てたけど、飛行時間が3時間半ぐらいしかないので大して寝られません。
部屋に入って、まずは少し休息、とベッドに横になったらすぐ眠ってしまって、目が覚めたらもう12時過ぎ!
ありゃりゃ…

シンガポールは初めてなのに、ガイドブックも何も持っていないので、まずは本屋さんに行くことにしました。
目指すは、高島屋SC内にある紀伊国屋。

整然とした街並みや、クラクションも割り込みもない道路、高層ビルにたくさんのショッピングモール。
ホテルから向かうタクシーの窓から見ているうちに、じわっと涙がこみ上げてきました
冗談ではなく本当の話。

「あ~、本当の都会の戻ってきた~。そうよ、私はこういう所で暮らしたかったのよ…。」
言葉にはならない感傷と感慨。
敢えて言葉にすればこんな感じでしょうか。
体中の細胞が生き返る思いがしました。

タクシーを降りて、まずは腹ごしらえ。
いきなりですが、パラゴンの中のお蕎麦屋さん「新橋」へ。
とろろせいろと鴨せいろというベタなものを注文。
タスマニア産の蕎麦を使った手打ち麺は、しこしこしておいしい。
鴨の入ったつゆの方は、六本木一丁目の私のお気に入り鴨せいろには及びませんが、まずまずのお味。
お腹もすいていたせいで、あっという間に平らげました。
写真を撮るのも忘れて…。

さらに、メニューにあった写真に誘惑されて、おしるこを注文。
しかしこれは、甘さ控えめというより足りなさ過ぎで、ちょっとがっかりでした。

お腹も膨れたところで、紀伊国屋へ。
高島屋SC内の紀伊国屋は、東南アジア一というだけあって、かなりの広さ。
迷子になりそう。
実際、夫と2人別々に見ていたら、相手を探すのに一苦労でした。
ここで、ガイドブックと日本の雑誌や文庫本などをゲット。
夫と2人で150Sドルぐらい買い物してしまいました~(@ @)

噂には聞いていたし、香港でも経験済みだったのですが、とにかく屋内が寒い!
冷房の効きすぎです。
紀伊国屋にかなりの時間いたので、体が完全に冷え切ってしまいました。
私はカーデガンを羽織っていましたが、周りの人たちはあんなに薄着で寒くないんだろうか??
寒さに強いはずの夫でも、Tシャツ1枚だったので震えていましたよ~。

夕食はこのまま近くで済まそうと、またまたパラゴンに戻って、「Din Tai Fung」という台湾料理の店に。
ここは、ニューヨーク・タイムズが世界10大レストランの1つとして紹介したことがあるらしい。
さすがに人気があるのか、かなり広い店内はすでに満席で外にもたくさんの人が並んでいました。
それでも結構回転が早く、10分か15分程で入れました。

注文したのは、名物の豚肉の小籠包、エビと豚肉のシューマイ、あげ豆腐と春雨の入ったスープ、名前を忘れてしまった中国野菜の炒め物。
それに、台湾ビール。
台湾ビールは初めて飲んだのだけど、コクがあっておいしい。
小籠包、シューマイともにとてもおいしかったです。
Din Tai Fung 1 Din Tai Fung 2 Din Tai Fung 3


Din Tai Fung 4 ガラス張りの厨房では、たくさんのコックさんが次々に点心を作って
 いるのが見えます。
 そして、10段ほど積み上げた蒸し器を持って、各テーブルに配膳して
 いきます。
 そういうのを見ているのも楽しい

他にもチャーハンやヌードルもおいしそうで、時間があったらまた行きたいな~。

帰りには、もちろんスタバに寄ってキャラメルマキアート。
あ~、久しぶりのこの味よ。
夫もスタバの無い所には住めないよ、なんて言っていました。
そんなこと言っていたら、ストックホルムにも住めませんよ~。

こんな感じで、シンガポール第一日目は大満足で終了いたしました♪

そんな大袈裟な、と思われる方、きなこを哀れんでクリックお願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/45-b8251136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。