上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスの運転免許証をゲットしました~


免許証


と言っても、日本の免許証から書き換えただけですけど・・・
日本の免許証なら、スイスに居住を始めてから1年以内なら書き換えができます。


これは、国によって違うみたいで、
例えば、フランス語を一緒に習っているロシア人のクラスメートは、
ロシアの免許証は書き換えができなくて、試験を受けなければならないとぼやいていました。
また、EUの免許証なら、書き換えさえ必要なくそのまま使えるので、
夫はスウェーデンの免許証のまま。
スウェーデン語で書かれているんですが、それでいいんですかね~??


そして、すごいのは、スイスの免許証には期限が無いんです~~
永久免許証??
つまり、20歳で取った人は、70歳になっても20歳の写真のまま・・・。
そんなのでいいのか??
なので、納得のいく写真にしましょう~




書き換えは結構簡単です。


1.まず、私の場合はジュネーブ州のHPから、免許証書き換えの申請用紙をダウンロードします。
こちら


2.在ジュネーブ日本総領事館で、日本の免許証の翻訳証明を発行してもらいます。
これは、2日ぐらいでできるみたいです。
費用は23フラン。


3.申請用紙に必要事項を記入して、指定のメガネ屋さんへ。
視力検査を受けて、申請用紙に書き込んでもらいます(20フラン)。


4.申請用紙、翻訳証明、カラーの証明写真(3.5x4.5)1枚、外国人登録証を持って、
運転免許センターへ行くと、その日のうちに発行してくれます(150フラン)。
(翻訳証明と写真は返してくれます。)


ただ、時間は結構かかりました。
私は、フランス語の授業が終ってから行ったのですが、窓口には長~い列が
番号札制ではなくて、並んで待たなければなりません。


そのとき、開いていた窓口は2つ。
見ていると、1人10分ぐらいはかかっている模様。
でも、中には30分ぐらい掛かっている人もいるし、列はなかなか進みません。


私が列に並び始めたのが11時20分ごろ。
12時半ごろにやっと受け付けてもらえました。
もう空腹で倒れそうだったわ・・・


一旦受け付けてもらえれば、後は早い。
手続きに約10分(問題がなければですが・・・)。
その後、別の支払い窓口で名前を呼ばれるまで約10分。
12時50分ごろ、無事スイスの免許証を受け取れました。


その頃には、列は更に長くなっていました。
最後尾の人は、きっと2時間待ちぐらいでしょうね~。


もう少し、効率的に作業ができそうな気がするんだけどなあ。
受け付けでは書類のチェックだけして、実際の作業は後方部隊がするようにすれば、
もっとさっさと捌けるんじゃないだろうか。
待ち時間は同じだとしても、空腹で倒れそうになりながら列に並ばなくても、
椅子に座って待つとか、一旦外に出て戻ってくるとか、できるのに。


実際、バゲットを齧りながら並んでいる人もいました。


営業時間は、平日朝7時半から午後4時まで。
土日はもちろん閉まっています。
働いている人は、やっぱり休みを取ってくるのでしょうかね。
日本は今、土日もできるようになりましたよね??




実は、5月1日(金)に一度行ったのです。
この日はメーデーで、スウェーデンは祝日なので夫は仕事が休み。
でも、スイス(ジュネーブ)は、祝日ではないので、店も普通通り開いていました。


日本総領事館も開いていて、お願いしておいた翻訳証明を取りに行き、
その後、写真を撮って、夫と一緒に運転免許センターに行ったら、


閉まっていた・・・


Why???


祝日じゃないはずじゃ・・・。


スイスは、州によって祝日も違うし、機関によって休みが違ったりして、
よく分かりませ~ん


事前に確かめてから行きましょう(教訓)。


お天気が良かったので、ぶらぶら歩いて戻ったら、
街の中で、メーデーのデモのぶつかりました。


メーデー1 メーデー2


資本主義に未来はないのだそうです




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在36位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/448-1e84a508
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。