上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出張で来ている2人のスウェーデン人がダッカ観光に出かけるのに便乗して、ガイド付きのオールドダッカ・ツアーに行ってきました。
考えてみれば、ダッカに来て4ヶ月近く。
ダッカの市内観光って、ほとんどしていませんでした。

オールド・ダッカは、いわば最初にダッカの町ができ始めたところ。
旧市街というと、ヨーロッパで見るような中世的なロマンチックな場所を想像してしまいますが、オールド・ダッカは今も市民の生活の場です。
ごみごみした細い通り。たくさんのモスク。市場や商店。ひしめくリキシャ。
そして、人、人、人…。

今日は金曜日で車が少なく、私たちが住んでいる所からオールド・ダッカまで30分程で着きました。
平日だと1~2時間かかります。

まず、国会議事堂。
アメリカ人建築家の設計で、バングラデシュらしからぬ(?)かなりモダンで斬新なデザインです。
今日は中には入れず車の中から見ただけだったので、これは以前に撮った写真。
国会議事堂1 国会議事堂2 国会議事堂3

次は、ラールバーグ・フォート。
ムガール帝国6代皇帝オウランガジェブの第3王子ムハマンド・アザブによって1678年に建築が始められたが、それを引き継いだシャイスタ・カンという人の娘が若くして亡くなったため、工事が中止。未完成に終わったそうです。

ラールバーグ・フォート1 ラールバーグ・フォート・モスク ラールバーグ・フォート・ハマム
広大な敷地の真ん中にあるのが、この亡くなった娘のお墓「ビビ・パリ廟」。
向かって右側にモスク、反対側に住居だった建物があります。
この建物は今は博物館になっていて、当時の武器や陶器などが展示されています。
といっても、ほんの少し。
他にはハマム(浴場)の跡もありました。
どの建物も最近外壁を塗り直したばかりだそうで、やけにきれいで新しく見えます。

次に行ったのは、ダケッシュリ寺院というバングラデシュのヒンドゥー教の総本山。
イスラム教徒が大多数を占めるバングラデッシュでは、ヒンドゥー教徒は約10%です。
元々12世紀にこの地に建てられたそうですが、今の寺院は約200年前に建てられたものだとか。
ダケッシュリ寺院1  ダケッシュリ寺院2


スター・モスジット(モスク)は、その名の通り、屋根も壁のタイルも、そして泉(?)も星☆星★星。

スター・モスジット1 スター・モスジット2 スター・モスジット3


スター・モスジット4スター・モスジット5

 モザイクタイルがとってもきれいでした。
 何故か富士山モチーフのタイルが♪



アルメニア教会ヒンドゥー寺院、モスクとくれば、最後は教会?
アルメニア教会は、1781年建立。
今は、年に2回ほどオーストラリアからアルメニア教会の大司教が来てミサを行う時以外は使われていないそうで、ここもやっぱりかなり荒れています。


そして、なんと言ってもツアーのハイライトはショドル・ガット。
ブリガンガ川の港です。
船着場に入った途端に、生ゴミのようないや~な匂いが鼻を突きます。
それもそのはず。この川にはあらゆるゴミ・汚水・工場排水が流れ込んでいるのです。

ショドル・ガット1
それなのに!なんと、そのゴミの浮いた川で体を洗っている(しかも石鹸で)大人もいれば、水遊びする子供もいる!
う~ん、これぞ感覚の違い?


船着場は、金曜日の午前中だからか、意外に人が少なくてびっくりしました。
お陰であまり人に囲まれることもなく、ゆっくり見て歩くことができました。
何隻も留まっている船のうちの1隻の中に入れてもらえました。
ちょうど積荷のココナツやバナナ、どデカイきゅうり(?)を小さい船に積み替えているところでした。
積荷は船底に積まれていたようです。
ショドル・ガット3 ショドル・ガット4 ショドル・ガット5


ショドル・ガット2 船の中に座席はなく、人々は床にゴザや布団などを敷いて座ったり
 横になったするようです。
 デッキからは港の様子がよく見えました。
 たくさんの水上タクシー(渡し舟)が、こちらと対岸とを行き来し
 ています。

港の近くには、細い通りの両側にいろんな店が並んでいます。
船着場のすぐ外には、旅行かばんや軽食など、旅行に必要なものを売っている店が多いみたい。
お肉屋さんもあれば、サリーやルンギ、布地を売っている店もあるし、道端に並んだ青空散髪屋もありました。

肉屋 サリー屋 散髪屋


今回のツアーでは一応観光名所と言える場所を回ったのですが、現在も使われているモスクやお寺はともかく、バングラデシュにある歴史的な建物は、規模も小さいし、とにかくメンテナンスが悪いので、他の国の観光名所と比べると残念ながら見劣りがします。
なので、どちらかと言うと、名所よりも一般の人たちの生活ぶりを見ている方が興味深かったです。


この記事を読んでダッカに行ってみたいわと思った方、クリックお願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/42-b3f22ae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。