上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~、またまた全豪オープンテニスの話で恐縮です


いやもう、あまりにも素晴らしい試合だったので、
どうしても書かずにはいられなくて。


まだ興奮しています




男子シングルス準決勝。
ナダルとヴェルダスコのスペイン人対決。


ご覧になりましたか??



両者一歩も譲らずファイナルセットまでもつれ込みました。
それまでにタイブレーク3回。


もうね、ナイスプレイどころかスーパープレイ続出!
一方が打ったナイスショットをスーパーショットで返してエースとか
あまりのスーパーショットに、相手も笑うしかないっていうような
シーンも何度かありました。


例えば、これ。






観客も大喜びで、
スタンディング・オベーション


私もテレビの前で1人叫んでおりました


チーム・ヴェルダスコの人たちが、何度も


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


というポーズをしていましたね


私は、家事も他にしようと思っていたことも全て放棄して、
テレビの前にかじりついていました。


実家とスカイプしようと思っていたのに、
それどころじゃなくなりました。


ごめんね、お母さん




それにしても、ファイナルセットに入ったときには、
既に試合時間は4時間を超え、時刻は夜中の12時を過ぎていたにも関わらず、
あれだけのプレイができるというのは、もう人間業じゃない感じ。
時速220キロのサービス、何十回と続くラリー。
神懸っていました。


きっとアドレナリン大放出だったのでしょうね~。


こんな試合を見られる機会は滅多に無いです。
選手自身も、これだけの試合ができることはそうそうないでしょう。


結局、6-7、6-4、7-6、7-6、6-4でナダルが勝ちましたが、
総獲得ポイントは、ナダルが193ポイント、ヴェルダスコが192ポイント。
どちらが勝ってもおかしくない試合でした。


実際、どちらにも勝たせてあげたかった~。
テニスの試合を観て、感動で涙したのは初めてかも・・・




5時間にも及ぶ試合を戦い抜くには、
強靭な肉体と精神力を要します。


不安やちょっとした気の迷い、余計な緊張や気負いなど、
そのときの精神状態が如実にプレイに表れます。


最後のゲームで、ヴェルダスコは2度もダブルフォルトをしましたが、
もし、その前のナダルのサービスゲームをブレイクして、
5-4リードで迎えたゲームだったとしたら、
きっと違った展開になっていたことでしょう。


それでも、3マッチポイントのうち2ポイントを返したのは大したものです。


マッチポイントの映像です。







ちなみに、この試合、私はスイスのテレビ、TSR2でライブで見ました。
その時間、ユーロスポーツ(フランス)はスキーを放送していました
全く・・・




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在14位、ブログ村ヨーロッパ情報は2位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/394-01495f42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。