上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 感じ方の違い
同じものを見たり聞いたり経験したりしても
人によって感じ方というのは違うもの。


感覚っていうのは相対的なものだから、
それぞれ経験してきたものが違えば感じ方も違って当たり前。


例えば、私はダッカでの生活を経験してジュネーブに来たから、
海の無い国なのに、スーパーで売られている魚介類が豊富なのに感動した


ところが、日本から来た人は、ジュネーブは魚介類が少ないと嘆く。


ジュネーブに来てすぐの私は、物価が高くてびっくりしたが
しばらくここに住んでいる人は、「そうですか~?」って・・・。


同国人でもこれだけ感じ方が違うのだから、
国が違えば尚更である。




これは、先日夫から聞いた話。


同じ会議に出席しているポーランド人の女性が、
「ジュネーブの人ってロボットみたい」
と言ったらしい。


どういうことかと言うと、
「ミスがないし、トラブルなくきちんきちんと事が進む」と。


「だから、揉めることもなく、言い合いにもならないから、
ジュネーブの人と知り合いになれくて、つまらないわ。」


ぶっ


トラブル無い~~??


きちんと事が進む~~~???


要するに、ポーランドはもっとヒドイということですね・・・


でも、彼女はある程度揉めることはプラスに捉えているみたい。
それによって、他人とのコミュニケーションが取れるのだと・・・


そういうコミュニケーションは遠慮したいスウェーデン人と日本人。


彼女は、スウェーデンや日本には駐在しない方がいいですね。
ジュネーブがロボットなら、スウェーデンや日本はどうなのだ!


逆に、ジュネーブでもかなりイライラさせられている私たちは、
ポーランドには駐在するまい、と思った。




ジュネーブに住んでいるスウェーデン人に、
ジュネーブのことをどう思うか尋ねると、
たいてい最初に言うのは、


「非効率的」


これ、私もとってもよく分かります。


特に、合理主義のスウェーデンから見ると、
もっと合理的に効率的にできるのに~、と歯軋りしたくなること多し


そうは言っても、郷に入れば郷に従え。
こういうもんだと諦めるしかないんですよね~


まあ、良いところもいっぱいあるわけで、
しばらくジュネーブに住んで、今度スウェーデンに戻ったら、
スウェーデンの別の面が見えてくるかもしれません。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在17位、ブログ村ヨーロッパ情報は3位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/393-7bd860c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。