上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.23 初の映画館
先週末に、ジュネーブに来て初めて映画に行った


コルナヴァン駅近くの映画館「Rialto」。


見た映画は、「007 Quantum of Solace」(邦題:「慰めの報酬」)。


インターネットでチケットを買おうと思ったら、
メンバーカードが必要で、しかもパーソナルコードをもらうために
一旦切符売り場に出向かなければならないらしい


面倒なので、直接映画館に行くことにした。


上映時刻の30分ぐらい前に行くと、残り座席48席。
しかも座席指定なし。


むむむ・・・


映画館内には7スクリーンあるみたいだったけど、
4ってどこ??
スクリーンの表示がなくて、どこに行けばいいのかよく分からない。


取り合えず切符切りのお兄さんにチケットを見せると
「スクリーン4はまだなので、そこで待っていてください」
とのこと。


そこからはスクリーン1と2しか見えないし、
待っている人は少なく、他の人のチケットを覗くと(!)
スクリーン3の人ばかり。
言葉に不安のある私たちは、
本当にここで待っていればいいのか不安が募る・・・


で、あっち行ったりこっち行ったりうろうろしながらチェック。
でも、そんなに大きな映画館じゃないので、やっぱり入口はそこしかなさそう。


15分ぐらい前になって、「スクリーン4の人どうぞ」となった。


私たちが1番乗り~♪


し、しかし・・・。


狭っ!!!


座席数50あまり・・・。
(と言うことは、チケットを買ったのもほぼ一番乗り??)


007を見るのに、こんなに小さい上映室なんて~
もちろんスクリーンも小さい。


それでも、座席半分ぐらいしか埋まらなかった・・・


VO(Version Originale:原語版)だからか??
それとも、ジュネーブでは007は人気無い???
もう長く上映しているから、みんな見ちゃったのかな~??


まあ、ど真ん中でゆったり見られたからいいけど。


本編の前にコマーシャルが少し。
でも、予告編が少なかった。


スウェーデンだと大抵、
「携帯をお切りください」っていうコマーシャルが流れるのだけど、
ジュネーブではそういうのは無くて、代わりに
「館内は禁煙です」っていうコマーシャルが流れた・・・。
所変われば、ですね
スウェーデンだと、館内禁煙は当たり前すぎて、コマーシャルの必要ないけど。




さて、映画の方は・・・。


内容に関してはこちらをどうぞ。


これ、前作「Casino Royale」の続編だったのですねーっ
見たけど、かなり前なので、よく覚えていなかったよ・・・


よって、最初何が起こっているのかよく分からず~、
「ヴェスパ」って誰ね??状態でした・・・


これから見る方、前作復習して行った方が分かり易いと思います~


前作同様、今までの007とは随分違うな~という印象。


これまでの007は、「こんな人いないよな~」と思いつつ
軽いアクション娯楽映画として楽しめた。


一方、ダニエル・クレイグの007は、かなり人間臭い。
ボンドガールの扱いも随分違うし・・・。


ストーリーも謎の部分が多くて、終ってもすっきりしなかった。
もしかして、また次作に続く??


どちらが好きかは好みによるでしょうね。
私は今までの007の方が好きかな~。
なんか、こう、スカーッとするから


それにしても、カーチェイスとかアクションシーンが激しい。
画面転換が早くて、目が付いていかない~
すごく疲れました・・・


これって、歳のせいかしら・・・??


そうそう、さすがスイス!
字幕はドイツ語とフランス語の2カ国語でした~。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/389-77affefd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。