上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてスウェーデン(ヨーテボリ)に来た当初からの友人と会った。

この友人Cちゃんとは、本当に縁があるのだと思う。


日本人のあまり多くないヨーテボリで、
同い年の日本人ということもあって、意気投合。

でも、彼女はすぐにベルギーへ・・・
そして連絡が取れなくなって行方知れずに。

しかし、別の日本人の友人宅で偶然再会!

お互い来ることを知らなかったので、
会った瞬間、「きゃーーーーっ

周りがびっくりしていたっけ


ところがまた、行方が分からなくなる

超筆不精のCちゃんが、引越し案内というものを出してくれないからなの・・・
まだ、Eメールなんてのも無かった時代だし。


そのうち私たちもストックホルムに引越してしまい、
これでとうとう連絡が途絶えてしまったわ・・・と思っていたある日、
突然Cちゃんから電話がかかってきた

「えっ?どうしてここの電話番号が分かったの?」

そこにはスウェーデンの素晴らしいシステムの存在があった。

ヨーテボリに戻ってきたCちゃんは、
私がストックホルムに引越したのを知らずに、
前の電話番号に電話を掛けたのだそう。

すると、自動応答が新しい電話番号を告げたというのである!!

ありがとう、スウェーデン


それからは連絡は途絶えなくなったけど、
ヨーテボリとストックホルムでなかなか会えない。

Cちゃんが日本に戻っていた時期もあったし、
6年前に今度は私がスウェーデンを離れたので、
やっぱり1年に1回会えるか会えないかの関係。


今回も2年ぶり。

去年私がヨーテボリに来たとき、
運悪く彼女は日本に里帰りしていたのよね。

そう2人で確かめあったぐらい、2年ぶりなんて全然感じない。

会った瞬間からおしゃべりが止めどなく続く。

いや、会う前からそれは始まっていたのだ。

前日に待ち合わせの場所と時間を決める電話をしている時も、
ついつい話が脱線して、優に1時間はしゃべった

「あ、そうそう、待ち合わせの場所だったわね・・・」
と、何度話を修正したことか・・・


翌日もCちゃんは朝早くから仕事なので、
夕方早めの5時ごろからレストランへ。

行ったのは、たまたま見つけた「1252」というレストラン。

ちょっとおしゃれで、でも値段は手頃、サービス良し。
知らずに入った割には、良いお店だった。


前菜は2品頼んで半分ずつ。
エビのチリオイル揚げとサーモンのカルパッチョ。

1252-1 1252-2

エビはタパスなどでもよくある1品。
ガーリックが効いていておいしい。

カルパッチョは、カリフラワーのピューレとルッコラ、
そしてサーモンが旨くマッチしてと~ってもおいしかった


メインは、私がグリルチキンのトースト、Cちゃんが魚介のリゾット。

1252-3 1252-4

チキンはおいしかったけど、全体としては普通。
リゾットは味見しなかったので分かりません。


ここで結構お腹はいっぱいだったのだけど、
デザートメニューがどれも食べてみたいもので、
食い意地の張っている私は、諦めきれずにクレームブリュレを

前菜もメインも、まあまあ上品な量だったので心配していなかったのだが、
出てきたブリュレを見てびっくり
こんなに大きなのは見たことありませんっ!!

1252-5

横にあるのは、いちごのソルベ。
これは普通の大きさです。

まあ、厚みがそれほどなかったので、多分そんなに大量ではないと思うけど。
もちろん完食です!


この間、しゃべりにしゃべりまくって、
店を出たのは9時を回っていた。

4時間以上いたことになります。

帰りには喉が嗄れていました…

でも、本当に充実した楽しい4時間でした


1252
Linnégatan 52
Göteborg
Tel: 031-125211
http://www.12-52.com/



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/291-8ccb3f73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。