上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.11 暴動
金曜日の夕方、1人の工科大学生が交通事故で亡くなった。

そのことに腹を立て、興奮した学生達が
バスに火をつけ、20台の車を壊すという暴動に出た。

その暴動は翌日の朝再び勃発。

数百人の学生に地域住民らも加わって、
鎮圧に出動した警官隊と衝突。

約3時間半にわたり、道路は封鎖。

警官は催涙ガスやゴム弾を発射。
一方の学生たちは、レンガを投げるなどして応戦。

今朝の新聞によると、警官26人を含む
少なくとも50人が怪我をしたのだとか。

記事はこちら


そういえば数日前にも学生の暴動が・・・。

それは別の大学だったのだが、
その大学の先生がバスの運転手と料金のことでもめたらしく、
その後学生達が道路に繰り出し交差点を占拠。
やはり車を壊したりの暴挙に出て、
道路は2時間ぐらい封鎖されたらしい・・・。


なんか物騒だな。



しかも、今朝の新聞には、これ以外にも3つの暴動が報じられている。

一つは、土地を不法に占拠していたと見られる人たちと
森林省の職員との間の衝突。
(記事はこちら。)

少なくとも20人の怪我人が出たらしい。


もう一つは、刑務所で
2つの囚人グループが衝突し、
看守2人を含む、少なくと50人が怪我。


どういう刑務所なんだ。


そしてもう一つは、チッタゴンの縫製工場で。
賃金の値上げと手当ての支払いを求めて工員らがデモ。

他の複数の工場にも飛び火して、
工場内の機械やオフィスを破壊したり、
車50台(!)を損傷させたりしたという。


縫製工場の工員によるデモや集会は、
ここのところしばしばいろんな所で勃発している。


非常事態宣言下では、デモや集会は禁止されている。

去年までは、かなり厳しく規制していたが、
今年に入ってから、デモや集会、暴動などの回数が増えてきたように思う。


しかも、暴動が起こるきっかけとなるでき事に対して、
暴動の規模がどうも大きすぎるような気がする。


米や油など食料品の値上がりなどで生活が苦しくなってきて、
政府への不満も徐々に高まりつつあるこの頃。

普段から溜まっていた不満やフラストレーションが
ほんの些細なでき事でも爆発してしまうのか。


一方で、デモや集会を以前ほど厳しく取り締まらないのは、
政府もそこのところを分かっていて、
時々発散させてやっているのか。

発散させないと、溜まりに溜まった不満が、
さらに大きな暴動へと発展して、
押さえきれなくなってしまう危険があるからか。



私の、考えすぎだろうか・・・。



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/265-85597c1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。