上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.14 Pahela Baishakh
今日はバングラデシュの元旦。

うちの辺りは、いつもの休日と変わらない静かな1日だったが、
ダウンタウンの方では、ロムナパークという大きな公園に、
たくさんの屋台が出たり、歌や踊り、お芝居などのアトラクションで、
早朝からたくさんの人々が集まってお祭り騒ぎになる。

ちょっと見てみたい気もしたが、
大勢のバングラ人が集まる中に入っていく勇気も気力もなく、
家でおとなしく過ごすことになった


ベンガル暦では、今日がボイシャク月の1日で、
今日から1415年が始まるらしい。

ところが、なぜ1415年なのか、
1415年前に何があったのか、
誰に聞いても分からないのである。

高学歴のベンガル人に聞いても、
ちゃんと説明できる人がいないのだ。


どうして???



ベンガル暦は、今から400年ほど前に始まったらしい。

当時のムガル帝国では、イスラム暦を採用していたが、
イスラム暦は太陰暦なので、農作物の収穫の時期と暦とが少しずつずれていく。
これでは、年貢を納めさせるのに都合が悪いというので、
ある皇帝がこの日を新年とするベンガル暦を作ったのだとか。


と、ここまで書いて、私はひらめいた!!


ベンガル暦は太陽暦なので、1年は365日である。
一方イスラム暦は1年が354日だから、
太陽暦とは1年に11日ずつずれていくことになる。

ベンガル暦が作られた当時は、イスラム暦を採用していたのに、
そのときから、太陽暦で計算し始めたとすると・・・。

つまり、ベンガル暦が生まれた400年とちょっと前から、
イスラム暦との誤差が出てきたんじゃないだろうか?

計算すると約14年の誤差がでるはずで、
イスラム暦では今1429年だから、
ベンガル暦が今日から1415年だというのと、
辻褄が合うと思うのだけど、どうでしょう??


この私の推測が正しいかどうかは全く分からない。

なぜ1415年なのか、ご存知の方どなたかいらっしゃいませんか~??



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/250-f26b1152
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。