上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、友人と行ったオールドダッカ・ツアー。

30分の予定だった国会議事堂見学が、
結局1時間以上もかかったので、
その後のオールドダッカ・ツアーが駆け足になってしまった



まずは、ラルバーグ・フォート。

ラルバーグフォート


一見タージマハールに似ている。

それもそのはず。
タージマハールよりちょっと後、17世紀後半に、
やはりムガール帝国皇帝の王子によって建築が始められたもの。

建築を受け継いだ大公の娘が急死したため、
建築は未完に終わっているそうだ。

正面の建物が、その娘を祀った「ビビ・バリ廟」。
向かって左手に謁見室やハマム(浴場)のある建物、
右手にモスクが建っている。

急ぎ足だったので、建物の中には入らず、
敷地内をぐるっと一周して終わり。

驚いたのは、
木陰や、城壁の飾り窓のところなどに、カップルがいっぱい
大学生ぐらいの若い子たちだが、
バングラデシュで、こんなに大っぴらにデートができるんだ



次に、ダケッシュリ寺院。
ここは、バングラデシュのヒンドゥー教の総本山ともいうべき寺院。

ダケッシュリ寺院


この4つの祠の中には、男性シンボルを模した像が祀ってあって、
どうやら「縁結び」「子授け」にご利益があるらしい。

ガイドさんによると、
他にも同様のものはあるが、ここのが一番ご利益があるので、
インドや他の近隣諸国からも、結婚相手が見つからない女性達が、
こぞってお参りに来るらしい。


ホンマかいな…


「日本は人口の70%が女性だ!」
自信たっぷりにのたまったガイドの言うことだから、
まあ、話半分に聞いておこう



そして、バングラデシュの交通の要所、
ブリゴンガ川の港、ショドル・ガット。

ショドル・ガット1 ショドル・ガット2 ショドル・ガット3


ダッカと各地を結ぶ船が何隻も行き来する。
また、対岸とを結ぶ小さな渡し舟の往来も多い。

その分、川の水の汚れはひどく、
たまらない異臭を放っていた…



最後は、ピンク・パレス。
19世紀後半に建てられた地主の豪邸。
コロニアル風建築が美しい。

ピンクパレス1



ピンクパレス2
最近改装作業が終了したばかりらしい。
以前は、中に調度品などが展示してあったはずだが、
今は中には入れなかった。


ここで時間切れ…


去年に行ったオールドダッカツアーの様子はこちらから。
写真もたくさんあります。



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/229-130e0998
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。